バックナンバー

ホーム > バックナンバー > 倶楽部報2016年春号 > 2016年春号(三田倶楽部重鎮の御逝去を悼む)

倶楽部報(2016年春号)

三田倶楽部重鎮の御逝去を悼む

三田倶楽部会長 後藤 寿彦(昭和51年卒 岐阜高)

2016年04月08日

平成28年に入って悲しい訃報が続きました。

お一人は三田倶楽部の重鎮であり塾野球部の監督を2度18年間務められ、大きな功績を残された前田祐吉先輩(昭28年卒)です。早慶6連戦を指揮された若き監督時代が1回目。2回目は昭和47年の3連覇の後、なかなか優勝できなかった昭和57年から実に12年の長きにわたり塾野球部の指導にあたられました。通算8度のリーグ戦優勝やそれぞれ2回の大学選手権、神宮大会制覇は、名白楽の名にふさわしいご活躍でした。

昭和23年卒の松尾俊治先輩は学徒出陣早慶戦に出場。卒業後は毎日新聞社に入社、生涯にわたり学生野球一筋に記事を書かれました。慶応野球部100年史、125年史の編纂をはじめアマチュア野球に関する膨大な記録は、慶応のみならず日本野球史の貴重な文献となっています。

お二方とも塾野球部と三田倶楽部の象徴的先輩であったことを思うと残念でなりません。日本の野球界に大きな功績を残されたお二人のご冥福を心からお祈り申し上げます。

前田祐吉氏
前田 祐吉氏
「ベースボールマガジン社提供」

松尾俊治氏
松尾 俊治氏

ページの先頭へ戻る