新着情報

ホーム > 戦評 > 平成28年度春季リーグ戦 対東京大学二回戦の結果

新着情報

平成28年度春季リーグ戦 対東京大学二回戦の結果

2016年05月01日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 慶應義塾 0 3 2 0 1 2 1 0 0 9
 東京大 0 0 1 0 1 0 1 1 0 4

 

打線爆発で連勝、2つ目の勝ち点を奪取

連勝で勝ち点を奪取したい対東大二回戦。

2回表、柳町の先制2点本塁打と倉田の適時打で3点を奪い、序盤から流れを引き寄せる。
続く3回表には岩見の今季初となる本塁打などで2点を追加。

直後に暴投で1点を返されるも、5回表、岩見の2打席連続本塁打でさらに1点を追加する。
その裏、またも暴投で1点を失うも、迎えた6回表、死球と野選で一死満塁の好機を迎えると、客席の熱気は最高潮へ。一飛で二死とされるも、打席にはこの日好調の岩見。期待に応える適時打を放ち2点を追加、相手を引き離す。

6回裏からは髙橋佑がリーグ戦初登板。7回裏と8回裏に1点ずつを失うも、沓掛が好守備を見せるなどバックもルーキーを盛り立てる。9回は継投した原田が3人で打ち取り、試合終了。連勝し今季2つ目の勝ち点を奪取した。

先発の清水洋はこれがリーグ戦初勝利。
また柳町は1年春に2発の本塁打を放つ史上9人目の快挙を達成。
新戦力や復活を遂げた選手の活躍が光り、今後に繋がる試合となった。

(4年・マネージャー U.R)

2打席連続本塁打などで4打点を挙げた岩見
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【慶 大】
(二) 倉田 4 1 1 0 0 0
(遊) 照屋 5 1 0 0 0 0
(三) 沓掛 3 1 0 0 2 0
(右) 山口 4 0 0 1 1 0
(左) 岩見 4 3 4 0 0 0
走左 重田 1 0 0 1 0 0
(一) 山本瑛 3 1 0 0 1 0
清水翔 1 0 0 0 0 0
(中) 柳町 5 3 2 0 0 0
(捕) 須藤 4 2 0 0 1 0
(投) 清水洋 1 0 0 1 0 0
代打 齋藤大 0 0 0 0 1 0
代走 小原徳 0 0 0 0 0 0
髙橋佑 1 0 1 0 0 0
代打 原誠 1 0 0 0 0 0
原田 0 0 0 0 0 0
37 12 8 3 6 0
               
【東 大】
(二) 桐生 4 2 1 0 1 0
(三) 山本克 3 2 0 0 1 0
(遊) 山田 3 1 0 0 2 0
(一) 田口 5 1 1 1 0 0
(捕) 喜入 5 3 0 1 0 0
(左) 田中 1 0 0 0 0 0
打左 楠田 3 0 0 1 0 0
(中) 宇佐美 4 0 0 0 0 0
(右) 山本修 4 1 0 0 0 0
(投) 柴田 0 0 0 0 0 0
代打 下雅意 1 0 0 0 0 0
有坂 1 0 0 0 0 0
山本俊 0 0 0 0 0 0
代打 岩田 1 0 0 1 0 0
出田 1 1 0 0 0 0
36 11 2 4 4 0

 

【慶 大】 球数
清水洋 5 88 24 6 3 3 2
髙橋佑 3 48 14 5 1 0 2
原田 1 8 3 0 0 1 0
9 144 41 11 4 4 4
               
【東 大】 球数
柴田 2 52 13 5 0 2 3
有坂 3 52 13 4 1 1 3
山本俊 1 32 7 1 0 2 2
出田 3 45 12 2 2 1 1
9 181 45 12 3 6 9

 

▽本塁打 柳町、岩見2        
▽三塁打         
▽二塁打 須藤、山本克、喜入、出田、桐生
▽三振 慶3  東4        
▽四球 慶6  東4        
▽犠打 慶2  東1        
▽盗塁 慶2  東0        
▽失策 慶0  東0        
▽併殺 慶1  東1        

 

ページの先頭へ戻る