新着情報

ホーム > 戦評 > 平成28年度春季リーグ戦 対東京大学一回戦の結果

新着情報

平成28年度春季リーグ戦 対東京大学一回戦の結果

2016年04月30日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 東京大 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
 慶應義塾 1 0 1 0 0 3 0 1 x 6

 

相手エースを打ち崩し、二桁安打で先勝

大量失点を喫し勝ち点を落とした先カードから中3日。
対東大一回戦は、球場に爽やかな日差しが差し込み、汗ばむ初夏の陽気に包まれた。

1回裏、一死から照屋が二塁打を放ち出塁すると、続く沓掛も二塁打を放ち幸先良く先制する。

さらに3回裏、死球と犠打などで一死三塁とし、再び沓掛の適時打で1点を追加する。

中4日での登板となった加藤拓は、初回から毎回走者を背負う苦しい投球が続く。
すると4回表、安打と盗塁などで一死三塁とされると、適時打を放たれ1点差に迫られる。
その後も二死満塁の窮地を迎えるが、ここは投飛に打ち取りリードを守りきる。

点差を広げたい打線は、6回裏、山本瑛と柳町の連打で一死一、二塁の好機を作る。
続く須藤が右中間への適時三塁打で2点を、倉田が右前への適時二塁打で1点を追加する。
東大の絶対的エース・宮台の攻略に成功し、この回一挙3得点を奪う。 

8回裏には、試合を決定づける須藤のリーグ戦初本塁打も飛び出し、さらに点差を広げる。

加藤拓は9安打を許すも要所を締め完投し、早くもリーグ暫定トップの今季3勝目を挙げた。

東大を応援する球場全体の雰囲気に呑まれることなく得た勝利は、翌日にも繋がる結果となるだろう。

(2年・マネージャー K.Y)

リーグ戦初本塁打を放った須藤

リーグ戦初本塁打を放った須藤
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【東 大】
(二) 桐生 4 2 0 0 0 0
(三) 山本克 4 0 0 0 0 0
(遊) 山田 4 1 0 1 0 0
(左) 楠田 4 1 0 2 0 0
(一) 田口 3 2 1 0 1 0
(捕) 喜入 3 1 0 0 0 0
(右) 田中 3 0 0 1 0 0
代打 森田 1 0 0 0 0 0
(投) 宮台 3 1 0 1 0 1
有坂 0 0 0 0 0 0
代打 岩田 1 0 0 0 0 0
(中) 宇佐美 3 1 0 1 0 0
33 9 1 6 1 1
               
【慶 大】
(二) 倉田 3 1 1 0 2 0
(遊) 照屋 3 2 0 0 1 0
(三) 沓掛 5 2 2 1 0 0
(右) 山口 4 0 0 1 0 0
(左) 岩見 3 0 0 1 0 0
重田 1 0 0 0 0 0
(一) 山本瑛 3 2 0 1 1 0
清水翔 0 0 0 0 0 0
(中) 柳町 3 2 0 1 0 0
(捕) 須藤 4 3 3 0 0 0
(投) 加藤拓 4 1 0 1 0 0
33 13 6 6 4 0

 

【東 大】 球数
宮台 6 116 30 12 5 2 4
有坂 2 35 9 1 1 2 1
8 151 39 13 6 4 5
               
【慶 大】 球数
加藤拓 9 140 35 9 6 1 1
9 140 35 9 6 1 1

 

▽本塁打 須藤  
▽三塁打 須藤  
▽二塁打 照屋、沓掛、倉田
▽三振 東6  慶6  
▽四球 東1  慶4  
▽犠打 東1  慶2  
▽盗塁 東2  慶2  
▽失策 東1  慶0  
▽併殺 東2  慶1  

 

ページの先頭へ戻る