新着情報

ホーム > 戦評 > 令和四年春季フレッシュトーナメント 東京大学戦の結果

新着情報

令和四年春季フレッシュトーナメント 東京大学戦の結果

2022年05月31日

  1 2 3 4 5 6 7
 東京大 0 0 1 0 1 0 0 2
 慶應義塾 4 1 0 3 2 0 x 10

 ※フレッシュトーナメント規定により、7回コールド

二桁安打で快勝、順位決定トーナメントに向け弾みをつける

フレッシュトーナメント決勝戦進出への望みを残すため、勝利を収めたい対東大戦。

1回裏、3連打で無死満塁の好機を作ると、清原がライト線への適時打を放ち2点を先制する。なおも、一死一、三塁から内野ゴロの間に1点を追加すると、続く森村の適時打でも得点を重ね、この回一挙4得点を挙げる。

勢いの止まらない打線は2回裏、一死から内野安打に敵失も絡み二塁に走者を置くと、古野が適時三塁打を放ち、1点を追加する。

 しかし、直後の3回表、先頭に本塁打を浴び、1点を返される。

 好調な打線は4回裏、真田の右前安打、斎藤快のレフト方向への二塁打で無死二、三塁とすると、2本の犠飛で2点を奪う。さらに、四球、中前安打などで二死二、三塁とさらなる追加点の好機を迎えると、続く坪田が適時打を放ち、1点を奪う。

 5回表、左前安打と失策で三塁まで進められると、適時打で1点を許す。

 その裏、左前安打、四球、犠打などで一死二、三塁の場面を迎えると、斎藤快がレフトの頭上を越える適時二塁打を放ち、リードを8点まで広げる。

 投げては先発・浮橋が7回8奪三振2失点と好投した。試合はフレッシュトーナメント規定により7回で打ち切られ、10-2で勝利した。

 ブロック戦を1勝1分けで終え、順位決定トーナメントへの出場を決めた。東大対法大の試合結果をもって、ブロック戦の順位が決定する。決勝戦、3-4位決定戦のどちらに進出しようとも、順位を1つでも上げられるよう、部員一丸となって戦っていきたい。

(2年マネージャー T.A)

 

7回8奪三振と安定した投球で相手打線を打ち取った浮橋

 

【東 大】
(遊) 藤田 3 1 0 1 0 1
(中) 松原 2 0 0 1 0 0
代打 谷村 1 0 0 1 0 0
芳野 0 0 0 0 0 0
(三) 内田 3 1 0 2 0 0
(一) 西前 3 0 0 0 0 0
(指)投 鈴木太 2 0 0 0 1 0
(右) 橋元 3 1 0 1 0 0
(左) 門池 1 0 0 1 0 0
代打 工藤 1 1 1 0 0 0
代走 青島 0 0 0 0 0 0
大巻 0 0 0 0 0 0
代打 大原 1 0 0 0 0 0
(捕) 杉浦 3 1 1 1 0 0
(二) 山口 2 0 0 0 0 0
代打 江口 1 0 0 0 0 0
26 5 2 8 1 1
               
【慶 大】
(左)中 佐藤駿 3 2 1 1 0 1
(二) 古野 2 2 2 0 1 0
(三) 本間 2 1 0 0 2 0
(一) 清原 4 2 2 1 0 0
(捕) 坪田 4 1 1 2 0 0
(右) 杉山 4 1 1 0 0 0
(指) 森村 3 1 1 1 1 0
(中) 真田 2 1 0 0 0 0
深松 0 0 0 0 0 0
(遊) 斎藤快 3 2 2 0 0 0
27 13 10 5 4 1

 

【東 大】 球数
平田 2 51 13 7 1 0 5
森岡 1 2/3 35 9 3 1 1 3
渡辺 0 2/3 18 5 3 0 1 2
新城 0 1/3 16 3 0 1 2 0
鈴木太 1 1/3 20 4 0 2 0 0
6 140 34 13 5 4 10
               
【慶 大】 球数
浮橋 7 99 27 5 8 1 1
7 99 27 5 8 1 1

 

▽本塁打 杉浦
▽三塁打 古野
▽二塁打 斎藤快
▽三振 東8  慶5
▽四球 東1  慶4
▽犠打 東0  慶3
▽盗塁 東0  慶0
▽失策 東1  慶1
▽併殺 東0  慶0

 

ページの先頭へ戻る