新着情報

ホーム > 戦評 > 令和四年春季フレッシュトーナメント 早稲田大学戦の結果

新着情報

令和四年春季フレッシュトーナメント 早稲田大学戦の結果

2022年06月02日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 早稲田大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 慶應義塾 0 1 0 0 0 1 0 2 x 4

 

投手陣が粘り早稲田に完封勝利 3位で終える

1つでも上の順位でフレッシュトーナメントを終えるため、白星を掴みたい対早大戦。

伝統の一戦となった3・4位決定戦の先発マウンドを託されたのは、前田晃。初回は四球と犠打で走者を背負ったが、後続を断ち、2回表は、空振り三振、遊ゴロ、投ゴロと三者凡退に仕留める。

その裏、坪田が中前安打を放つなど二死三塁とすると、捕逸の間に生還し、1点を先制する。

3回表、二死から右前安打を放たれると、盗塁を許し、得点圏に走者を進められる。しかし、続く打者を空振り三振に抑え、得点を与えない。

5回表、4回を1安打無失点に抑えた先発の前田晃に代わり、向井が上がる。一死から四球と失策で一、二塁とされるも、後続を空振り三振と一ゴロに打ち取る。

追加点のほしい打線は6回裏、先頭・斎藤快がフェンス上部に当たる二塁打を放つと、続く打者がしっかりと犠打を決め、一死三塁の好機を作る。すると、古野がセンターへの適時二塁打を放ち、1点を追加する。

7回表、一死から中前安打と盗塁で、二塁に走者を背負う。続く打者を空振り三振に抑えるも、四球と内野安打で二死満塁の窮地を招く。しかし、続く打者を空振り三振に切ってとり、この回もスコアボードに0を入れる。

8回表、2つの失策と四球で無死満塁の場面を招くも、後続を左飛と併殺打に打ち取り、この窮地も無失点で切り抜ける。

その裏、一死から斎藤快が完璧に捉えた打球はそのままレフトスタンドへ。終盤に貴重な1点を追加する。さらに、古野、本間の連打で二死一、二塁とすると、清原が適時打を放ち、リードを4点に広げる。

9回表、向井に代わり、阿蘇が初めての神宮のマウンドへ。一死から、右前安打を放たれるも、後続を中飛とニゴロに打ち取り、4-0で勝利した。

終盤に窮地を招くも、投手陣が要所を締める投球を見せ、見事完封勝利を収めた。チーム目標の1つである「早稲田に勝つ」をフレッシュリーグでも達成。

この結果をもち、令和4年春季フレッシュトーナメントにおいて、塾野球部は3位となった。優勝は成し遂げなれなかったものの、この粘り強さを今後のリーグ戦での活躍に繋げていきたい。

(2年・マネージャー J.S)

 

DSC07249

8回にソロ本塁打を放った斎藤快

 

【早 大】
(三) 梅村 4 2 0 0 1 0
(中) 文珠 3 0 0 3 0 0
代打 田中翔 1 0 0 0 0 0
(右) 尾瀬 4 1 0 0 0 0
(遊) 中村敢 3 0 0 1 1 0
(指) 栗田 3 0 0 2 0 0
(二) 山縣 2 0 0 1 0 0
打二 小澤 1 0 0 1 0 0
代打 薗部 1 0 0 0 0 0
西谷 0 0 0 0 0 0
(左) 中野 3 1 0 0 1 0
(捕) 吉田 4 0 0 1 0 1
(一) 石岡 2 0 0 2 0 0
代打 反町 0 0 0 0 1 0
前田健 1 1 0 0 0 0
32 5 0 11 4 1
               
【慶 大】
(中) 佐藤駿 3 1 0 2 0 0
日置 0 0 0 0 0 0
(二) 古野 4 2 1 1 0 1
(三) 本間 4 1 0 0 0 0
(一) 清原 4 1 1 2 0 0
(捕) 坪田 4 1 0 0 0 0
(右) 杉山 3 1 0 0 0 0
(指) 森村 2 0 0 1 1 0
(左) 真田 2 0 0 2 0 0
打左 深松 1 0 0 0 0 0
(遊) 斎藤快 3 2 1 0 0 1
30 9 3 8 1 2

 

【早 大】 球数
伊藤樹 6 80 22 5 7 1 1
中森 2 32 10 4 1 0 2
8 112 32 9 8 1 3
               
【慶 大】 球数
前田晃 4 58 14 1 3 1 0
向井 4 97 20 3 8 3 0
阿蘇 1 15 4 1 0 0 0
9 170 38 5 11 4 0

 

▽本塁打 斎藤快
▽三塁打 
▽二塁打 杉山、斎藤快、古野
▽三振 早11  慶8
▽四球 早4  慶1
▽犠打 早2  慶1
▽盗塁 早3  慶0
▽失策 早2  慶3
▽併殺 早1  慶1

 

ページの先頭へ戻る