新着情報

ホーム > 戦評 > 令和四年度春季リーグ戦 対法政大学一回戦の結果

新着情報

令和四年度春季リーグ戦 対法政大学一回戦の結果

2022年04月30日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 慶應義塾 0 0 0 4 0 0 0 0 0 4
 法政大 0 0 0 0 1 3 0 0 1x 5x
 
先制点を挙げ良い流れを作るも、最後まで粘り切れずサヨナラ負け

 ここまで5戦負けなしの勢いそのままに勝利したい、対法大一回戦。

 先発のマウンドに上がったのはエース・増居。
3回まで1人の走者も許さず、上々の立ち上がりを見せる。

 増居の好投に応えたい打線は4回表、先頭の朝日が右前安打で出塁するなど、二死満塁の場面を作ると、山本が押し出しの四球を選び1点を先制する。なおも、二死満塁から、続く善波が左中間を破る適時三塁打を放ち、走者が全員生還。3点を加え、リードを大きく広げる。

 すると5回裏、相手打線が動き出す。中前安打などで二死一、二塁とされると、右前に適時打を許し、1点を返される。

 さらに、6回裏、連打により無死一、二塁とされると、続く打者に本塁打を浴び、試合は振り出しに戻る。

 再び波に乗りたい打線は7回表、先頭の善波が内野安打で出塁するも、後が続かず得点には至らない。

 その裏、増居に代わって渡部淳が登板する。走者を背負いながらも後続を打ち取り、相手打線に隙を与えない好投を見せる。

 そして同点のまま迎えた9回裏、マウンドを託されたのは守護神・橋本達。

先頭を二ゴロに打ち取るも、連打などで二死満塁の窮地を招く。すると、続く打者に投じた初球、打ち取った打球に見えたが、三塁手と左翼手の間に落ちるサヨナラ打となり、4-5で敗戦した。

 中盤までは投打が噛み合い、良い流れで試合が進んだが、勢いづいた相手打線に対し粘り切ることができなかった。

今季初の黒星とはなったが、この悔しさを明日に繋げ、部員一丸となって勝ち点奪取に向かいたい。

 (4年・マネージャー O.S)

 

善波力

走者一掃の適時三塁打を放った善波

 

 

【慶 大】
(中) 萩尾 4 1 0 1 0 0
(遊) 朝日 4 1 0 0 0 1
(二) 廣瀬 4 0 0 2 0 0
(三) 下山 3 1 0 1 1 0
(一) 小川尚 2 0 0 0 0 0
代打 栗林 1 0 0 0 0 0
吉川 0 0 0 0 0 0
(左) 宮尾 2 0 0 0 1 0
代打 本間 1 1 0 0 0 0
走左 齋藤來 0 0 0 0 0 0
(右) 山本 3 1 1 0 1 0
(捕) 善波 4 2 3 2 0 0
(投) 増居 2 0 0 1 0 0
代打 古川 1 0 0 0 0 0
代走 水鳥 0 0 0 0 0 0
渡部淳 0 0 0 0 0 0
橋本達 0 0 0 0 0 0
31 7 4 7 3 1
               
【法 大】
(中) 宮﨑 5 4 1 0 0 0
(左) 高田 4 0 0 0 0 0
(二) 齊藤大 3 1 0 0 2 0
(一) 4 1 0 1 0 0
代走 鈴木照 0 0 0 0 0 0
内海貴 1 1 1 0 0 0
(三) 今泉 4 1 3 0 0 0
(遊) 海﨑 4 0 0 1 0 0
(右) 野尻 4 1 0 0 0 0
(捕) 村上 4 0 0 0 0 0
(投) 篠木 1 0 0 1 0 0
代打 大柿 0 0 0 0 1 0
代走 木下 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0
代打 松田 1 0 0 1 0 0
武冨 0 0 0 0 0 0
代打 平原 1 1 0 0 0 0
代走 高原 0 0 0 0 0 0
36 10 5 4 3 0

 

【慶 大】 球数
増居 6 95 26 6 2 2 4
渡部淳 2 27 8 1 2 0 0
橋本達 0 2/3 24 6 3 0 1 1
8 2/3 146 40 10 4 3 5
               
【法 大】 球数
篠木 5 76 21 4 4 3 4
2 14 8 2 0 0 0
武冨 2 21 6 1 3 0 0
9 111 35 7 7 3 4

 

▽本塁打 今泉
▽三塁打 善波
▽二塁打 宮﨑
▽三振 慶7  法4
▽四球 慶3  法3
▽犠打 慶1  法1
▽盗塁 慶1  法1
▽失策 慶1  法0
▽併殺 慶0  法1

 

ページの先頭へ戻る