新着情報

ホーム > 戦評 > 令和四年度春季リーグ戦 対法政大学二回戦の結果

新着情報

令和四年度春季リーグ戦 対法政大学二回戦の結果

2022年05月01日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 法政大 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2
 慶應義塾 1 0 0 0 0 1 0 0 1x 3x
 
劇的サヨナラ弾で勝利 勝ち点は明日に持ち越し

サヨナラ負けを喫した第一戦の悔しさを晴らしたい、対法大二回戦。

冷たい雨が降る中、先発のマウンドには外丸。立ち上がり、2本の安打を許すなど、一死満塁の窮地を招くと、内野ゴロでも1点が入る場面で、放たれた打球は一、二塁間へ。しかし、一塁手・古川の好判断により、相手走者は本塁で憤死。さらに続く打者を見逃し三振に抑え、初回を無失点で切り抜ける。

すると直後の1回裏、先頭・萩尾が初球を捉え、打球はバックスクリーン左横へ。ソロ本塁打で1点を先制する。

初回に窮地を招いた外丸だが、2回、3回を無失点に抑え、粘り強い投球で立て直す。

しかし、4回表、先頭に失策で出塁を許すと、続く打者に適時二塁打を浴び、同点に追いつかれる。なおも、無死二塁と走者を背負うも、後続を空振り三振、一ゴロ、投ゴロに打ち取り、逆転を許さない。

5回表には今季リーグ戦初登板となる生井がマウンドに上がる。力強い投球で2イニング4奪三振の好投を見せるなど、試合の流れを渡さない。 

勝ち越したい打線は6回裏、先頭が四球で出塁するなど、一死一、三塁の好機を作ると、ここまで打撃好調の善波が相手の意表を突くスクイズを見事に決め、勝ち越しに成功する。

しかし直後の7回表、中前安打、犠打などで二死三塁とされると、適時三塁打で1点を失い、試合は振り出しに。

同点で迎えた9回裏、一死からなんとしても塁に走者を置きたい場面で、打席には初回に先頭打者本塁打を放った萩尾。高めに甘く入った初球を捉えると、打球はレフトスタンドに伸び、劇的なサヨナラ本塁打で試合は決着。見事、逆転勝利を飾った。

これで1勝1敗となり、勝ち点の行方は明日へ持ち越しとなった。

逆転サヨナラ勝利の勢いそのまま、明日も白星をあげることができるよう、部員一丸となって戦っていきたい。

(2年・マネージャー K.H)

 

DSC09511 2

先制・サヨナラと2本の本塁打を放った萩尾

 

【法 大】
(中) 宮﨑 4 2 1 1 0 0
西村 0 0 0 0 0 0
(左) 高田 1 0 0 0 2 0
(二) 齊藤大 3 1 0 1 1 0
(一) 3 0 0 1 1 0
(三) 今泉 3 1 1 0 1 0
(遊) 海﨑 4 0 0 3 0 0
(右) 野尻 4 1 0 0 0 0
(捕) 村上 2 0 0 1 0 0
(投) 尾﨑 1 0 0 0 0 0
1 0 0 0 0 0
代打 大柿 1 0 0 0 0 0
武冨 0 0 0 0 0 0
27 5 2 7 5 0
               
【慶 大】
(中) 萩尾 4 2 2 0 1 0
(遊) 朝日 3 0 0 1 0 0
(二) 廣瀬 3 0 0 1 1 0
(三) 下山 4 1 0 1 0 1
(一) 古川 2 0 0 1 2 0
(左) 宮尾 2 0 0 0 1 0
吉川 0 0 0 0 0 0
(右) 山本 4 2 0 1 0 0
(捕) 善波 2 0 1 1 1 0
(投) 外丸 1 0 0 0 0 0
代打 奥村 0 0 0 0 1 0
生井 0 0 0 0 0 0
代打 水鳥 1 0 0 0 0 0
渡部淳 0 0 0 0 0 0
橋本達 0 0 0 0 0 0
代打 本間 1 0 0 1 0 0
27 5 3 7 7 1

 

【法 大】 球数
尾﨑 3 2/3 81 18 3 4 4 1
2 1/3 23 9 1 1 1 1
武冨 2 1/3 51 10 1 2 2 1
8 1/3 155 37 5 7 7 3
               
【慶 大】 球数
外丸 4 64 17 3 3 2 0
生井 2 31 7 0 4 2 0
渡部淳 1 15 4 2 0 0 1
橋本達 2 27 6 0 0 1 0
9 137 34 5 7 5 1

 

▽本塁打 萩尾2
▽三塁打 宮﨑
▽二塁打 今泉、下山、山本
▽三振 法7  慶7
▽四球 法5  慶7
▽犠打 法2  慶3
▽盗塁 法0  慶0
▽失策 法0  慶1
▽併殺 法0  慶3

 

ページの先頭へ戻る