新着情報

ホーム > 戦評 > 令和四年度春季リーグ戦 対立教大学二回戦の結果

新着情報

令和四年度春季リーグ戦 対立教大学二回戦の結果

2022年04月24日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 慶應義塾 0 1 1 1 0 0 0 0 0 3
 立教大 0 1 0 0 0 2 0 0 0 3
 
雨天の総力戦は互いに譲らず引き分け

 前日の逆転勝利の勢いそのまま、勝ち点を奪取したい対立大二回戦。

 先発のマウンドを託されたのは期待の1年生右腕・外丸。

初回を2つの遊ゴロと空振り三振に抑え、上々の立ち上がりを見せる。

 2回表、この日リーグ戦初の先発出場となる栗林が3球目をライトスタンドに運び、1点を先制する。

 すると直後の裏、連打などで一死満塁の窮地を招くと、犠飛により同点に追いつかれる。

 試合が振り出しに戻った3回表、中前安打、犠打で一死二塁とすると、萩尾の適時打で1点を追加し、勝ち越しに成功する。

 勢いづいた打線は4回表、主将・下山が初球を捉えると、打球はライトスタンドに飛び込む本塁打となり追加点を挙げる。下山は今季1号の本塁打を記録する。

 しかし6回裏、先頭に三塁打を許すと、続く打者に犠飛を放たれ1点を返される。

ここまで相手打線に攻めの投球を見せた外丸に代わり、リーグ戦無失点の渡部淳が登板するも、二死から中前安打、連続四球で満塁を招く。

そしてマウンドには慶大の守護神・橋本達。しかし、押し出しの四球を与え、再び同点とされる。

 9回表、後がない塾打線だったが、一回戦で7回1失点の好投を見せた荘司を前に、空振り三振、左飛、内野ゴロに倒れ、引き分けた。

 序盤に着実に得点を重ねた塾野球部に対し、中盤に猛攻を見せた立大。両校一歩も譲らず、規定により9回引き分けとなった。勝ち点の行方は三戦目に持ち越しとなった。

 (2年・マネージャー T.A)

 

リーグ戦初本塁打を放った栗林

 

 

【慶 大】
(中) 萩尾 5 1 1 1 0 0
(二) 宮尾 3 0 0 1 0 0
斎藤快 0 0 0 0 0 0
代打 北村 1 0 0 1 0 0
水鳥 0 0 0 0 0 0
(一) 廣瀬 3 0 0 1 1 0
(三) 下山 3 1 1 1 1 0
(右) 山本 4 0 0 1 0 0
(左) 栗林 3 2 1 0 0 0
橋本達 1 0 0 1 0 0
(遊) 朝日 4 3 0 1 0 0
(捕) 善波 2 1 0 0 0 0
宮崎 2 0 0 1 0 0
(投) 外丸 1 0 0 1 0 0
渡部淳 0 0 0 0 0 0
齋藤來 1 1 0 0 0 0
代打 文元 1 0 0 0 0 0
吉川 0 0 0 0 0 0
34 9 3 10 2 0
               
【立 大】
(中) 道原 5 0 0 0 0 0
(左) 宮﨑 5 1 0 1 0 0
(右) 吉岡 3 1 0 0 1 0
代走 諸橋 0 0 0 0 0 0
菅谷 1 0 0 0 0 0
(二) 山田 1 1 1 0 3 0
代走 森村 0 0 0 0 0 0
(一) 柴田颯 2 0 0 0 0 0
齋藤大 1 0 0 0 1 0
(捕) 黒岩 4 2 0 1 0 0
(三) 西川晋 3 1 0 0 1 0
0 0 0 0 0 0
荘司 0 0 0 0 0 0
(遊) 井上剛 2 0 1 0 1 0
(投) 島田 1 0 0 0 0 0
1 0 0 0 0 0
代打 佐藤 0 0 0 0 0 0
代打 田中 0 0 1 0 1 0
吉野 0 0 0 0 0 0
柴田恭 1 0 0 0 0 0
30 6 3 2 8 0

 

【慶 大】 球数
外丸 5 2/3 85 24 6 1 1 3
渡部淳 0 0/3 8 2 0 0 2 0
橋本達 3 1/3 54 14 0 1 5 0
9 147 40 6 2 8 3
               
【立 大】 球数
島田 3 1/3 64 16 7 2 0 3
2 2/3 41 8 0 3 0 0
吉野 1 15 5 2 1 0 0
1 32 5 0 3 2 0
荘司 1 12 3 0 1 0 0
9 164 37 9 10 2 3

 

▽本塁打 栗林、下山
▽三塁打 吉岡
▽二塁打 栗林
▽三振 慶10  立2
▽四球 慶2  立8
▽犠打 慶1  立2
▽盗塁 慶1  立1
▽失策 慶0  立0
▽併殺 慶0  立0

 

ページの先頭へ戻る