新着情報

ホーム > 戦評 > 令和四年度春季リーグ戦 対立教大学一回戦の結果

新着情報

令和四年度春季リーグ戦 対立教大学一回戦の結果

2022年04月23日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 立教 0 0 0 0 0 1 1 0 0 2
 慶應義塾 0 0 0 0 0 0 0 4 x 4
 
終盤に打線が繋がり逆転勝利

 開幕カードに続く2連勝に向け、絶対に負けられない対立大一回戦。

 先発のマウンドに上がったのはエース・増居。
初回を三者凡退に抑え上々の立ち上がりを見せるも、その後は何度も窮地に立たされる。

 2回表、先頭に中前安打を許すと、四球などが続き二死一、二塁とされる。しかし、後を右飛に打ち取り、得点を許さない。

 さらに2回以降も毎回走者を三塁に置く状況を作りながら、粘りの投球で窮地を切り抜ける。

 しかし6回表、相手エース・荘司に本塁打を浴び、1点の先制を許す。

 7回表には、中前安打で先頭を塁に出すなど二死二塁とされると、内野安打を放たれ、追加点を奪われる。

 何とかして食らいつきたい打線は8回裏、代打・栗林がリーグ戦初出場で中前安打を放つなど一死一、二塁とする。この試合1番の好機を前にして、打席には豪快なバッティングが武器の廣瀬。捉えた初球はバックスクリーン横に飛び込む本塁打となり、逆転に成功する。なおも、続く下山、山本の連打などで二死満塁の場面を作ると、代打・宮崎が押し出しとなる四球を選び、リードを2点に広げる。

 そして9回表、昨年も抑えを担った橋本達が登板し、二死から二、三塁に走者を置くも、最後は空振り三振に抑え、勝利した。

 中盤まで相手のペースで進んだ試合となったが、投手陣の力投に応えるべく打線が執念を見せ、逆転勝利を収めた。この勢いのまま明日の二回戦も勝利し、勝ち点を奪取したい。

(4年・マネージャー O.S)

 

8回裏に逆転3点本塁打を放った廣瀬

【立 大】
(中) 道原 5 1 0 1 0 0
(左) 宮﨑 4 1 0 0 1 0
(三) 西川晋 4 1 0 0 0 0
齋藤大 1 0 0 0 0 0
(二) 山田 5 3 0 0 0 0
(一) 柴田颯 1 0 0 0 2 0
代打 森村 0 0 0 0 0 0
柴田恭 1 0 0 0 0 0
(右) 吉岡 3 1 0 2 1 0
代走 菅谷 0 0 0 0 0 0
(捕) 黒岩 4 1 1 0 1 0
代走 諸藤 0 0 0 0 0 0
(投) 荘司 2 1 1 0 2 0
島田 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0
代打 田中 1 0 0 1 0 0
(遊) 井上剛 3 0 0 0 1 0
34 9 2 4 8 0
               
【慶 大】
(中) 萩尾 4 0 0 1 0 0
(左) 宮尾 3 1 0 1 1 0
(二) 廣瀬 2 1 3 0 2 1
(三) 下山 4 1 0 0 0 0
(右) 山本 4 1 0 0 0 0
(一) 古川 2 0 0 0 1 0
走一 吉川 0 0 0 0 0 0
(遊) 朝日 3 1 0 0 1 0
(捕) 善波 1 1 0 0 0 0
代打 北村 1 0 0 1 0 0
宮崎 0 0 1 0 1 0
(投) 増居 1 0 0 1 0 0
渡部淳 0 0 0 0 0 0
代打 栗林 1 1 0 0 0 0
代打 青木 1 0 0 0 0 0
橋本達 0 0 0 0 0 0
27 7 4 4 6 1

 

【立 大】 球数
荘司 7 108 26 2 3 4 0
島田 0 1/3 11 5 4 1 0 4
0 1/3 15 4 1 0 2 0
0 1/3 2 1 0 0 0 0
8 136 36 7 4 6 4
               
【慶 大】 球数
増居 6 114 30 6 2 6 1
渡部淳 2 29 9 2 1 1 1
橋本達 1 23 5 1 1 1 0
9 166 44 9 4 8 2

 

▽本塁打 荘司、廣瀬
▽三塁打 山田
▽二塁打 吉岡
▽三振 立4  慶4
▽四球 立8  慶6
▽犠打 立2  慶3
▽盗塁 立1  慶0
▽失策 立0  慶1
▽併殺 立0  慶1

 

ページの先頭へ戻る