新着情報

ホーム > 戦評 > 令和三年度春季リーグ戦 対立教大学一回戦の結果

新着情報

令和三年度春季リーグ戦 対立教大学一回戦の結果

2021年05月15日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 立教大 0 0 0 0 0 0 1 1 2 4
 慶應義塾 3 3 0 2 2 0 1 0 x 11

 

優勝の行方を大きく左右する一戦で、打線が爆発し快勝

優勝を手繰り寄せるため、何としても勝たなくてはならない、対立大一回戦。

 初回、先頭の廣瀬がセンターに鮮やかに打ち返すなど一死満塁の好機を作ると、下山がセンターに抜ける打球で幸先よく2点を先制する。なおも内野安打で満塁とすると、橋本典の犠飛でこの回3点を挙げる。

2回裏、四球や右前安打などで一死二、三塁とすると、ここで打席には、この試合から打順を上げた主将の福井。初球を見逃し、振りぬいた二球目。打球はライトへ大きく綺麗な放物線を描く、スタンド中段へのスリーランホームランとなる。 

さらに4回裏、渡部遼が中前安打を放つなど一死二、三塁とすると、三ゴロと敵失の間に2点を追加する。 

直後の5回表、先発の森田が二死からこの試合初めて四球を与え、得点圏に走者を進められるも、後を遊飛に打ち取り得点を許さない。 

止まらない打線はその裏、先頭の橋本典が俊足を生かして左中間を破る三塁打を放つ。続く朝日の適時二塁打や押し出し四球などで2点を奪い、今季2度目の二桁得点を記録。相手を突き放す。

ここまで無失点の好投を続けるエースの森田であったが、7回表、二死から内野安打を許すと連打で1点を返される。 

しかしその裏、二死から再三の好守でチームを救ってきた渡部遼が、ライトスタンドに一直線に飛び込むソロ本塁打を放ち、打撃でも貢献する。

8回表、この回からマウンドに上がった生井が本塁打を浴び、1点を返される。

そして9回表、先頭に出塁を許すなど無死満塁の窮地を招くと、三ゴロと捕逸の間に2点を返される。しかし、後続を三ゴロ、空振り三振に仕留め、11-4で勝利した。

打線の猛攻とエースの好投で無事勝利をおさめることができたが、二回戦も負けられない戦いが続く。油断することなく一戦必勝で臨んでいきたい。

(2年・マネージャー I.M)

 

IMG_7635

先制打を放った下山

 

【立 大】
(中) 道原 5 3 0 0 0 0
(遊) 井上剛 3 0 0 0 0 0
代打 柴田颯 1 1 1 0 0 0
池田哲 0 0 0 0 0 0
代打 中莖 1 1 0 0 0 0
(右) 太田 5 1 1 0 0 0
(二) 山田 5 0 0 2 0 0
(一) 5 3 1 1 0 0
(左) 宮﨑 3 0 0 0 1 0
(三) 佐藤 4 0 0 1 0 1
(捕) 黒岩 1 0 0 0 0 0
代捕 片山 3 1 0 0 0 0
(投) 池田陽 0 0 0 0 0 0
代打 松田 1 0 0 0 0 0
野口 0 0 0 0 0 0
代打 寺嶋 0 0 0 0 1 0
小幡 0 0 0 0 0 0
代打 吉岡 1 1 0 0 0 0
荘司 0 0 0 0 0 0
代打 森村 0 0 0 0 1 0
38 11 3 4 3 1
               
【慶 大】
(二) 廣瀬 5 3 0 1 0 0
(中) 渡部遼 3 2 1 0 1 0
(捕) 福井 2 2 4 0 3 0
(一) 正木 4 1 1 1 1 0
(三) 下山 5 2 2 1 0 0
(左) 萩尾 5 2 0 2 0 0
新美 0 0 0 0 0 0
(右) 橋本典 4 1 1 1 0 0
(遊) 朝日 5 2 1 0 0 0
(投) 森田 2 0 0 1 1 0
代打 宮尾 1 0 0 0 0 0
生井 1 0 0 1 0 0
37 15 10 8 6 0

 

【立 大】 球数
池田陽 2 54 15 7 2 2 6
野口 2 35 9 1 2 1 1
小幡 2 53 11 4 0 2 2
荘司 2 41 10 3 4 1 1
8 183 45 15 8 6 10
               
【慶 大】 球数
森田 7 100 30 8 2 1 1
生井 2 46 11 3 2 2 2
9 146 41 11 4 3 3

 

▽本塁打 東、福井、渡部遼
▽三塁打 橋本典
▽二塁打 太田、朝日、正木
▽三振 立4  慶8
▽四球 立3  慶6
▽犠打 立0  慶2
▽盗塁 立0  慶0
▽失策 立1  慶0
▽併殺 立1  慶0
ページの先頭へ戻る