新着情報

ホーム > 戦評 > 令和三年度春季リーグ戦 対立教大学二回戦の結果

新着情報

令和三年度春季リーグ戦 対立教大学二回戦の結果

2021年05月16日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 慶應義塾 0 0 0 0 0 1 0 3 0 4
 立教大 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1

 

正木の劇的勝ち越し弾で勝利、優勝を大きく手繰り寄せる

勝てば優勝に大きく前進し、負ければ自力優勝が消滅する、対立大二回戦。

先発の増居は立ち上がり、2本の安打を許し、ピンチを招くも、渡部遼の連日のファインプレーもあって無失点で切り抜ける。しかし、3回裏、一死三塁から内野ゴロの間に1点を先制される。

反撃したい打線は直後の4回表、二死二、三塁の好機を作り打席には代打・北村。捉えた当たりがレフト前に飛ぶも、相手の好守に阻まれ得点には至らない。

先制を許した先発の増居だったが、その後は1本の安打も許さず、攻撃へのリズムを作る。

すると6回表、先頭の廣瀬が高めに抜けた変化球をフルスイング。打球はライト方向にグングンのび、そのままスタンドイン。今季1号が試合を振り出しに戻す同点弾となった。 

何としても勝ち越し点が欲しい8回表、廣瀬と渡部遼が四球を選ぶなど一死一、二塁の好機を作る。福井が見逃し三振に倒れ、二死。続く四番・正木に全てが託された。ボールの後の2球目、甘く入った直球を逃さず捉え、左中間スタンドに飛び込む勝ち越し本塁打を放つ。値千金の3ランに神宮球場が湧いた。正木は今季3本目の本塁打でリーグトップに並んだ。

その裏、代わった橋本達が一死二、三塁の窮地を招くも、後続を空振り三振と一邪飛に抑え、立大の追撃を許さない。9回裏も橋本達が無失点に抑え、4-1で勝利した。先発の増居は7イニングを投げきり、被安打3、失点1の好投で、リーグ単独トップの今季4勝目を挙げた。

この結果を受けて、自力優勝の可能性が残るのは慶應のみとなった。

第8週の慶早戦にて、勝ち点1ポイント以上を取れば優勝となる。

また第7週の立大対明大で両校が1勝1敗、または2分け、もしくは明治1勝1分、立大1敗1分となれば弊部の優勝が確定する。

第7週の行方を見守りつつ、慶早戦に向けて万全の準備をしていきたい。

(4年・マネージャー O.M)

 

勝ち越し本塁打を放った正木 

 

【慶 大】
(二) 廣瀬 4 2 1 1 1 0
(中) 渡部遼 1 0 0 0 2 0
(捕) 福井 3 0 0 1 0 0
(一) 正木 3 1 3 0 1 0
(三) 下山 4 0 0 1 0 0
(左) 萩尾 1 0 0 1 0 0
代打 北村 1 0 0 0 0 0
新美 1 0 0 0 1 0
(右) 橋本典 3 1 0 0 0 0
(遊) 朝日 4 1 0 0 0 0
(投) 増居 2 0 0 1 0 0
代打 若林 1 0 0 0 0 0
橋本達 1 0 0 1 0 0
29 5 4 6 5 0
               
【立 大】
(中) 道原 3 0 0 0 0 0
(遊) 井上剛 3 1 1 0 0 0
代打 柴田颯 1 0 0 1 0 0
野口 0 0 0 0 0 0
石元 0 0 0 0 0 0
(右) 太田 4 0 0 1 0 0
(二) 山田 3 1 0 1 1 0
(一) 2 0 0 1 2 0
(左) 宮﨑 4 0 0 1 0 0
(三) 佐藤 2 0 0 0 0 0
代打 中莖 1 0 0 1 0 0
三遊 池田哲 0 0 0 0 0 0
代打 森村 1 0 0 0 0 0
(捕) 黒岩 3 1 0 0 0 0
(投) 池田陽 0 0 0 0 0 0
代打 寺嶋 1 1 0 0 0 0
栗尾 1 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0
代打 吉岡 0 0 0 0 1 0
齋藤大 0 0 0 0 0 0
29 4 1 6 4 0

 

【慶 大】 球数
増居 7 92 25 3 3 2 1
橋本達 2 39 9 1 3 2 0
9 131 34 4 6 4 1
               
【立 大】 球数
池田陽 3 30 10 1 2 0 0
栗尾 3 41 12 1 0 2 1
2 44 10 2 2 2 3
野口 0 1/3 9 3 1 0 1 0
石元 0 2/3 10 2 0 2 0 0
9 134 37 5 6 5 4

 

▽本塁打 廣瀬、正木
▽三塁打 
▽二塁打 廣瀬
▽三振 慶6  立6
▽四球 慶5  立4
▽犠打 慶3  立1
▽盗塁 慶0  立0
▽失策 慶0  立0
▽併殺 慶1  立0
ページの先頭へ戻る