新着情報

ホーム > 戦評 > 令和三年度春季リーグ戦 対東京大学二回戦の結果

新着情報

令和三年度春季リーグ戦 対東京大学二回戦の結果

2021年05月02日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 慶應義塾 0 0 0 3 4 0 4 0 0 11
 東京大 0 0 0 1 0 0 0 5 0 6

 

相手の隙を逃さず2桁得点勝利

連勝し優勝に近づきたい、対東大二回戦。

3回までは両先発が得点を与えず、試合は静かな立ち上がりを見せる。

試合が動いたのは4回表。右前安打、四球などで一死満塁とすると、暴投の間に1点を先制する。なおも二死二、三塁から敵失の間に2点を追加し、この回3点を挙げる。

しかしその裏、先頭に安打を許すなど二死二塁とされると、適時二塁打を浴び1点を返される。

直後の5回表、敵失、内野安打で無死一、二塁とすると正木が左翼ポール際へスタンド中段に突き刺さる3点本塁打を放つ。さらに続く下山の左中間への安打などで一死一、三塁とすると、福井の三塁フェンス際への邪飛が犠飛となり1点を追加。この回一挙4点を奪い、相手を突き放す。

7回表には、先頭・朝日が左前安打で出塁するなど一死満塁とすると、続く廣瀬が押し出しの四球を選び1点を追加する。なおも二死満塁から敵失の間に3点を追加し、今季初となる2桁得点に成功する。

このまま勝利したい塾野球部だが、8回裏に相手の反撃を受ける。連続四球や失策など守備の乱れが相次ぐと、2本の適時打も絡み、5点を返される。

5点リードで迎えた9回裏、先頭打者に安打性の打球を放たれるも、渡部遼が本日2回目の好捕を見せ、流れを引き戻す。後続をマウンドの橋本達が空振り三振、一直に抑え、11-6で勝利した。

相手の隙を逃さず2桁得点を奪ったものの、終盤の相手の追い上げに苦しめられる展開となった。2週間後に控える天王山・立教大学戦では最後まで磐石な試合運びで連勝を収め、優勝をつかみ取れるよう部員一同全力で戦っていきたい。

(2年・マネージャー T.H)

 

IMG_7479

現役トップタイに並ぶ通算8号本塁打を放った正木

 

【慶 大】
(二) 廣瀬 5 0 1 1 1 0
(中) 渡部遼 6 1 0 1 0 0
(左) 萩尾 6 3 0 1 0 0
新美 0 0 0 0 0 0
(一) 正木 5 1 3 1 1 1
(三) 下山 5 2 0 0 0 0
(遊) 朝日 2 1 0 0 3 0
(右) 橋本典 4 0 0 0 1 0
(捕) 福井 4 1 1 3 0 1
(投) 増居 2 0 0 0 2 0
代打 奥村 1 0 0 0 0 0
小林綾 0 0 0 0 0 0
橋本達 0 0 0 0 0 0
40 9 5 7 8 2
               
【東 大】
(右) 阿久津 4 0 0 1 1 0
(遊) 林遼 3 0 0 1 0 2
代打 森末 0 0 0 0 1 0
走遊 辻村 0 0 0 0 0 0
代打 梅林 1 0 0 0 0 0
(三) 大音 3 1 1 0 1 0
(一) 井上慶 3 0 0 2 1 0
(二) 水越 3 1 2 2 0 1
(左) 櫻木 4 1 1 1 0 1
(中) 宮﨑 4 1 1 2 0 0
(捕) 松岡泰 4 1 0 1 0 0
(投) 西山 1 0 0 1 0 0
柳川 0 0 0 0 0 0
代打 高橋 1 1 0 0 0 0
小宗 0 0 0 0 0 1
鈴木健 0 0 0 0 0 0
代打 安田 1 0 0 0 0 0
代走 伊藤翔 0 0 0 0 0 0
奥野 0 0 0 0 0 0
代打 馬場 1 0 0 0 0 0
33 6 5 11 4 4

 

【慶 大】 球数
増居 7 92 26 4 8 1 1
小林綾 0 0/3 17 4 0 0 3 3
橋本達 2 26 8 2 3 0 0
9 135 38 6 11 4 4
               
【東 大】 球数
西山 4 2/3 105 27 6 3 4 2
柳川 0 1/3 5 1 0 1 0 0
小宗 2 52 12 1 3 3 1
鈴木健 1 20 5 1 0 1 0
奥野 1 14 4 1 0 0 0
9 196 49 9 7 8

3

 
▽本塁打 正木 
▽三塁打 
▽二塁打 萩尾2、下山、櫻木
▽三振 慶7  東11
▽四球 慶8  東4
▽犠打 慶1  東1
▽盗塁 慶0  東4
▽失策 慶2  東4
▽併殺 慶0  東0

 

ページの先頭へ戻る