新着情報

ホーム > 戦評 > 令和二年秋季フレッシュトーナメント 東京大学戦の結果

新着情報

令和二年秋季フレッシュトーナメント 東京大学戦の結果

2020年11月11日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 東京大 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
 慶應義塾 1 0 0 0 3 0 1 0 x 5

絶妙な継投で、ブロック首位通過を決める

勝ってブロック首位通過を果たしたい、フレッシュトーナメント対東大戦。

1回裏、先頭・吉川が四球で出塁するなど二死二塁とすると、4番・文元のライトへの適時二塁打で1点を先制する。

しかし3回表、一死から右前安打を放たれると盗塁を決められるなどして、二死三塁となり、ショートへの内野安打の間に生還を許し同点とされる。

試合も中盤に入り、勝ち越したい打線は5回裏、先頭・宮崎が11球目を打ってサードへの内野安打で出塁するなど一死三塁とすると、暴投の間に走者が生還し勝ち越しに成功する。さらに、吉川の二塁打で一死二塁の好機を作ると、奥村のレフトへの適時二塁打と青木の犠飛で2点を加え、この回3点を奪う。

 7回裏、奥村の二塁打で一死二塁とすると、青木の適時二塁打で1点を奪い相手を突き放す。

 投げては先発・駒形が3回1失点と最少失点で切り抜けると、継投した中村、大島光、宮野、森下の4投手が安定した投球を見せ、相手に得点を許さず5-1で勝利した。

 ブロック戦首位通過を決め、最後に立ちはだかるのは明治。 

連覇を決めるため、絶対に負けられない戦いが続く。

 (1年・マネージャー I.M)

 DSC_0947 青木

 適時二塁打を放つなど、2打点の活躍を見せた青木

 

【東 大】
(遊) 伊藤翔 4 1 0 1 0 1
(右) 阿久津 3 1 0 1 1 0
(一) 梅林 4 0 0 2 0 0
(捕) 松岡泰 3 2 1 0 1 0
(指) 佐藤 4 1 0 0 0 0
(中) 別府 4 1 0 0 0 1
林遼 0 0 0 0 0 0
(三) 伊藤和 2 0 0 1 0 0
代打 赤井 0 0 0 0 1 0
浦田 1 0 0 0 0 0
(二) 林英 2 0 0 1 0 0
打二 清永 2 0 0 1 0 0
(左) 矢追 2 0 0 0 0 0
代打 月原 1 1 0 0 0 0
左中 奥田隆 1 0 0 1 0 0
33 7 1 8 3 2
               
【慶 大】
(中) 吉川 3 1 0 0 1 0
(三) 奥村 4 3 1 0 0 0
(二) 青木 3 1 2 0 0 0
荒井 0 0 0 0 0 0
(左) 文元 4 1 1 1 0 0
水谷 0 0 0 0 0 0
(右) 栗林 3 1 0 0 0 0
走右 齋藤來 1 0 0 0 0 0
(指) 黒田 3 2 0 0 0 0
代打 米村 0 0 0 0 1 0
走指 柳川 0 0 0 0 0 0
(一) 小川尚 1 0 0 1 1 0
打一 1 0 0 0 0 0
(捕) 宮崎 4 1 0 1 0 0
(遊) 髙山 2 0 0 1 0 0
29 10 4 4 3 0

 

【東 大】 球数
三田村 2 44 9 1 1 2 1
齋藤 1 5 3 1 0 0 0
1 15 4 1 1 0 0
木戸 1 30 6 3 1 0 2
小高峯 1 11 5 2 1 0 0
松岡由 1 19 5 2 0 0 1
金子 1 14 3 0 0 1 0
8 138 35 10 4 3 4
               
【慶 大】 球数
駒形 3 59 15 4 3 2 1
中村 2 23 6 0 2 0 0
大島光 1 18 5 1 0 1 0
宮野 2 26 7 2 1 0 0
森下 1 15 3 0 2 0 0
9 141 36 7 8 3 1

 

▽本塁打 
▽三塁打 
▽二塁打 文元、吉川、奥村2、青木
▽三振 東8  慶4
▽四球 東3  慶3
▽犠打 東0  慶3
▽盗塁 東3  慶2
▽失策 東2  慶0
▽併殺 東2  慶1

 

ページの先頭へ戻る