新着情報

ホーム > 戦評 > 令和二年度秋季リーグ戦 対立教大学一回戦の結果

新着情報

令和二年度秋季リーグ戦 対立教大学一回戦の結果

2020年10月03日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
慶應義塾 0 2 2 1 3 0 0 1 2 11
 立教大 0 1 1 0 2 0 2 0 0 6

 

打線が爆発 二桁得点で開幕三連勝を飾る

先週の寒さから打って変わり、秋晴れの中迎えた、対立大一回戦。

2回表、正木の中前安打などで一死一塁とすると、福井が中越えの適時二塁打を放ち、1点を先制する。なおも二死三塁から、瀬戸西が俊足を活かした内野安打を放ち、この回2点を挙げる。

その裏に1点を返されるも、3回表、今季好調の廣瀬の適時三塁打、四番・正木の適時打で2点を追加する。 

しかし3回裏、先頭に中前三塁打を許すと、一死から遊ゴロの間に1点を奪われる。

リードを広げたい打線は4回表、四球などで一死二塁とすると、この日先発の木澤が自らを援護する適時打を放ち、1点を取り返す。 

さらに5回表、先頭の廣瀬が左前安打を放つと、正木、下山の二者連続本塁打で3点を挙げ、相手を大きく突き放す。

ところがその裏、連打を浴びるなど2点を返されると、7回にも2点本塁打を浴び、2点差に迫られる。

すると8回表、一死二塁から、内野ゴロで敵失の間に、二塁走者・宮尾の好走塁で1点を奪うと、9回表には、主将・瀬戸西が2点本塁打を放ち、再びリードを広げた。

最後は8回から登板した生井が三者凡退に仕留め、11-6で勝利した。

明日も勝利し、開幕カードに引き続き、連勝を収めたい。

 

(2年・マネージャー O.S) 

 

自身リーグ戦初となる本塁打を放った下山

 

【慶 大】
(二) 宮尾 5 1 0 0 1 0
(中) 渡部遼 5 2 0 0 0 0
(一) 廣瀬 5 2 1 1 0 0
(右) 正木 4 3 3 0 1 0
(三) 下山 4 1 1 0 1 0
(捕) 福井 5 2 1 0 0 0
(左) 橋本典 2 0 0 0 1 0
代打 古川 0 0 0 0 1 0
水久保 0 0 0 0 0 0
(遊) 瀬戸西 4 2 3 1 0 0
(投) 木澤 3 1 1 0 0 0
代打 萩尾 1 0 0 1 0 0
生井 1 0 0 1 0 0
39 14 10 4 5 0
               
【立 大】
(中)右 太田 5 0 0 2 0 0
(三) 冨永 4 1 3 1 0 0
(二) 山田 4 0 0 2 0 0
(左) 三井 4 2 0 1 0 0
(右)一 柴田 3 2 0 0 1 0
(一) 3 0 0 0 0 0
宮海 0 0 0 0 0 0
比屋根 0 0 0 0 0 0
代打 村山 1 0 0 0 0 0
代走 金川 0 0 0 0 0 0
敷名 0 0 0 0 0 0
(遊) 宮慎 3 0 0 1 0 1
代打 伊藤智 1 0 0 0 0 0
中川 0 0 0 0 0 0
(捕) 竹葉 4 3 1 0 0 0
(投) 中﨑 0 0 0 0 0 0
代打 吉岡 1 1 0 0 0 0
池田陽 0 0 0 0 0 0
代打 道原 1 1 0 0 0 0
栗尾 0 0 0 0 0 0
宮﨑 2 1 2 0 0 0
36 11 6 7 1 1

 

【慶 大】 球数
木澤 7 108 30 10 5 1 6
生井 2 26 7 1 2 0 0
9 134 37 11 7 1 6
               
【立 大】 球数
中﨑 3 41 15 6 1 0 4
池田陽 2 40 11 4 0 1 4
栗尾 1 10 4 1 0 0 0
宮海 1 25 5 0 1 2 0
比屋根 1 24 6 0 1 2 0
中川 1 18 6 3 1 0 2
9 158 47 14 4 5 10

 

▽本塁打 正木、下山、瀬戸西、宮﨑
▽三塁打 廣瀬、吉岡
▽二塁打 福井、道原
▽三振 慶4  立7
▽四球 慶5  立1
▽犠打 慶3  立0
▽盗塁 慶0  立0
▽失策 慶0  立1
▽併殺 慶1  立0

 

ページの先頭へ戻る