新着情報

ホーム > 戦評 > 2019年度春季リーグ戦 対早稲田大学一回戦の結果

新着情報

2019年度春季リーグ戦 対早稲田大学一回戦の結果

2019年06月01日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 早稲田大 0 0 0 1 0 1 0 1 0 3
 慶應義塾 0 0 1 0 0 0 1 0 0 2

 

一発に泣き、令和最初の慶早戦は黒星に終わる

先週の結果により、明治大学の優勝が決定した。
しかし、早稲田に勝利することは、塾の使命である。
昨秋の借りを返すためにも絶対に負けられない、対早大一回戦。

この重要なマウンドを託されたのは、エース・髙橋佑。昨秋、優勝のかかった第三戦で敗戦投手となっただけに、慶早戦にかける思いは人一倍である。期待通り、3回まで走者を一人も許さない、気合のこもった投球を見せる。

すると3回裏、リーグ戦初スタメンとなる下山の内野安打と敵失で、無死一、三塁の好機を作ると、郡司の犠飛で1点を先制する。

しかし直後の4回表、安打や四球などで一死二、三塁の窮地を招くと、髙橋佑が本塁に背を向けた一瞬の隙に本盗を決められ、同点とされる。

さらに6回表には、二死からソロ本塁打を浴び、勝ち越しを許す。

負けられない塾打線は7回裏、若き血が響く中、先頭の打席には100安打に王手をかけながらあと一打に苦しむ柳町。甘く入った4球目を左翼手の前にうまく運び、待望の100安打目を達成すると、三塁側スタンドからは大歓声が送られた。さらに中村の内野安打や郡司の四球などで一死満塁と好機を広げると、続く正木の内野ゴロの間に1点を奪い、試合を振り出しに戻す。

しかし8回表、またも二死からソロ本塁打を浴びると、そのまま2-3で敗戦した。

終始試合を押す展開ながら、一発に泣き、悔しい敗戦となった。

スタンドに駆けつけてくれた多くのファンの為にも明日は絶対に負けられない。必ず連勝し、昨秋の雪辱を果たしたい。

 (3年・マネージャー I.C)

 

史上33人目、令和初となるリーグ戦通算100安打を達成した柳町
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【早 大】
(左) 瀧澤 4 2 1 0 0 0
(二) 金子 2 0 0 0 1 0
(三) 福岡 3 1 1 0 1 1
(右) 加藤 3 0 0 0 1 0
(遊) 檜村 3 0 0 0 0 1
(捕) 小藤 4 2 0 0 0 0
(一) 中川卓 3 1 0 0 0 0
(中) 鈴木萌 4 0 0 1 0 0
(投) 早川 2 0 0 1 0 0
今西 1 0 0 1 0 0
徳山 0 0 0 0 0 0
29 6 2 3 3 2
               
【慶 大】
(中) 柳町 5 1 0 0 0 0
(三) 下山 4 2 0 1 0 0
(右) 中村 3 1 0 1 1 0
(捕) 郡司 2 0 1 0 1 0
(右) 正木 3 0 1 1 1 0
(一) 嶋田 4 1 0 2 0 0
(二) 小原 3 0 0 1 1 0
(投) 髙橋佑 2 0 0 2 0 0
代打 植田響 1 0 0 1 0 0
津留﨑 0 0 0 0 0 0
髙橋亮 1 0 0 1 0 0
(遊) 瀬戸西 3 1 0 0 0 0
代打 若林 1 0 0 0 0 0
角谷 0 0 0 0 0 0
32 6 2 10 4 0

 

 

【早 大】 球数
早川 6 1/3 119 31 6 6 4 1
今西 2 1/3 35 7 0 3 0 0
徳山  1/3 7 1 0 1 0 0
9 161 39 6 10 4 1
               
【慶 大】 球数
髙橋佑 6 89 22 3 1 1 2
津留﨑 1 11 3 0 0 0 0
髙橋亮 2 32 10 3 2 2 1
9 132 35 6 3 3 3

 

▽本塁打 福岡、瀧澤
▽三塁打 
▽二塁打 嶋田
▽三振 早3  慶10
▽四球 早3  慶4
▽犠打 早3  慶3
▽盗塁 早2  慶0
▽失策 早2  慶0
▽併殺 早0  慶0
ページの先頭へ戻る