新着情報

ホーム > 戦評 > 2019年度フレッシュリーグ 対早稲田大学戦の結果

新着情報

2019年度フレッシュリーグ 対早稲田大学戦の結果

2019年06月02日

  1 2 3 4 5 6 7
 慶應義塾 2 1 0 0 1 0 0 4
 早稲田大 2 0 0 0 0 0 1 3

 ※連盟規定により7回打ち切り

 

接戦を制し、宿敵・早稲田に見事勝利

優勝に向け、絶対に負けられない、フレッシュリーグ対早大戦。

試合は初回、一死から橋本典が右前安打で出塁すると、綿引の左への適時二塁打で、幸先良く1点を先制する。さらに敵失などで一死一、三塁とすると、萩尾の犠飛で1点を追加する。

しかし直後の裏、先頭への四球、続く打者の中前安打などで無死二、三塁とされると、内野ゴロの間に1点を返される。なおも一死三塁から左前安打を放たれ、同点とされる。

リードを奪いたい打線は2回表、先頭の宮尾が四球を選び、盗塁を決めるなど、二死二塁の好機を作ると、打席には好調の橋本典。この日2本目となる安打は適時打となり、勝ち越しに成功する。

さらに5回表、綿引が右前安打で出塁すると、萩尾が左中間への適時二塁打を放ち、2点差とする。

そのまま逃げ切りたい塾野球部だったが、最終回の7回裏、3つの四死球などで二死満塁とされると、続く打者にも四球を与え、1点差に詰め寄られる。この窮地でマウンドを託されたのは、2年生右腕・丸谷。力強い球で空振り三振に仕留め、見事、窮地を乗り切り4-3で勝利した。

接戦をものにし、次戦に繋がる良い試合となった。優勝に向け、次戦の明治大学戦でも勝利できるよう、チーム一丸となって戦っていきたい。

(2年・マネージャー O.M)

 

 

適時二塁打を含む2安打1打点の活躍を見せた綿引
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【慶 大】
(三) 上田 4 0 0 1 0 0
(右) 橋本典 4 2 1 1 0 0
(一) 綿引 4 2 1 0 0 0
(指) 小川 4 0 0 0 0 0
(左) 萩尾 2 1 2 0 1 1
代走 森野 0 0 0 0 0 0
石川 0 0 0 0 0 0
(捕) 中澤 4 1 0 1 0 0
(遊) 宮尾 1 0 0 1 1 0
代打 文元 0 0 0 0 1 0
走遊 朝日 0 0 0 0 0 0
(二) 矢澤 3 0 0 0 0 0
(中) 新美 3 0 0 0 0 0
29 6 4 4 3 1
               
【早 大】
(中) 福本 3 0 0 0 1 0
(三) 小西 3 3 0 0 1 1
(遊) 丸山 3 0 1 0 1 1
代走 北里 0 0 0 0 0 0
(指) 今井 2 1 2 0 2 0
代走 大迫 0 0 0 0 0 0
(一) 澤田 4 1 0 2 0 1
(二) 橘内 3 0 0 2 0 0
(捕) 尾崎 3 0 0 1 0 0
(左) 清水 3 0 0 0 0 0
(右) 宇都宮 2 0 0 0 0 0
代打 友田 0 0 0 0 1 0
26 5 3 5 6 3

 

【慶 大】 球数
小林 5 1/3 75 23 5 4 2 2
生井 1 1/3 27 8 0 0 4 1
丸谷 0 1/3 5 1 0 1 0 0
7 107 32 5 5 6 3
               
【早 大】 球数
長柄 1 2/3 48 11 3 1 1 1
3 2/3 66 15 3 2 1 1
雪山 1 2/3 25 7 0 1 1 0
7 139 33 6 4 3 2

 

▽本塁打 
▽三塁打 
▽二塁打 綿引、萩尾
▽三振 慶4  早5
▽四球 慶3  早6
▽犠打 慶1  早0
▽盗塁 慶1  早3
▽失策 慶1  早3
▽併殺 慶0  早0
ページの先頭へ戻る