新着情報

ホーム > 戦評 > 2019年度春季リーグ戦 対法政大学一回戦の結果

新着情報

2019年度春季リーグ戦 対法政大学一回戦の結果

2019年05月02日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 法政大 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2
 慶應義塾 0 0 0 0 0 1 1 3 x 5

 

“逆転の慶應”で初戦を制す

迎え撃つ相手は、昨秋王者であり、今年も強打者が揃う法政大学。
平成最後のカードで勝ち点を挙げるべく、まずは先勝したい、対法大一回戦。

先発マウンドを任されたのは、立大一回戦で先発し、白星を挙げたエース・髙橋佑。

初回、先頭を見逃し三振に抑えるも、続く打者を不運な形で出塁を許し、四番打者の左前安打でいきなり1点を先制される。

援護したい打線だが、両投手の好投により試合は動かず、スコアボードに0を重ねる。

6回表には、郡司の盗塁阻止などもあり、守備から良いリズムをつくり、攻撃に繋げる。

その裏、先頭の柳町が右前安打を放つなど二死二塁とすると、四番・郡司が外角の変化球を上手くすくいあげ、同点の適時打とする。

勢いに乗った塾打線は、7回裏にも柳町の適時打で勝ち越しに成功する。

さらに8回裏には、二死一、二塁から小原が試合を決める今季初本塁打を放ち、4点差に突き放す。

9回表にソロ本塁打を浴びるも、それ以上の得点は許さず、5-2で勝利した。

8回自責点0に抑える好投を見せた髙橋佑に打線が応え、終盤に逆転劇を披露した。
明日も慶應らしい粘り強い野球で、勝ち点奪取を目指したい。

 (4年・マネージャー H.M)

 

0427法政①試合を決める3点本塁打を放った小原
試合を決める3点本塁打を放った小原
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【法 大】
(中) 舩曳 4 0 0 4 0 1
(右) 宇草 4 2 0 0 0 0
(遊) 福田 4 1 0 1 0 0
(一) 伊藤 4 2 1 1 0 0
代走 宮本 0 0 0 0 0 0
朝山 0 0 0 0 0 0
(左) 毛利 4 0 0 0 0 0
片瀬 0 0 0 0 0 0
(三)一 安本 4 2 1 1 0 0
(二) 相馬 4 2 0 0 0 0
(捕) 渡邊 2 1 0 1 0 0
代打 中原 1 0 0 1 0 0
(投) 三浦 3 0 0 1 0 0
西山 1 0 0 0 0 0
35 10 2 10 0 1
               
【慶 大】
(三) 柳町 3 2 1 0 1 0
(中) 渡部遼 3 0 0 0 0 0
(右) 中村 2 0 0 0 2 0
(捕) 郡司 4 1 1 3 0 0
(左) 正木 4 1 0 1 0 0
髙橋亮 0 0 0 0 0 0
(一) 嶋田 3 1 0 0 1 0
(二) 小原 3 1 3 1 0 0
(遊) 瀬戸西 4 1 0 0 0 1
(投) 髙橋佑 2 0 0 1 0 0
杉本 0 0 0 0 0 0
28 7 5 6 4 1

 

【法 大】 球数
三浦 7 101 29 6 4 2 2
朝山 1 29 6 1 2 2 3
8 130 35 7 6 4 5
               
【慶 大】 球数
髙橋佑 8 121 32 9 9 0 0
髙橋亮 1 14 4 1 1 0 1
9 135 36 10 10 0 1

 

▽本塁打 安本、小原
▽三塁打 
▽二塁打 
▽三振 法10  慶6
▽四球 法0  慶4
▽犠打 法1  慶3
▽盗塁 法0  慶0
▽失策 法1  慶1
▽併殺 法0  慶0
ページの先頭へ戻る