新着情報

ホーム > 戦評 > 2019年度春季リーグ戦 対法政大学二回戦の結果

新着情報

2019年度春季リーグ戦 対法政大学二回戦の結果

2019年05月02日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 慶應義塾 0 0 o 1 1 0 2 0 0 4
 法政大 4 0 0 1 0 0 0 0 x 5

 

終盤の反撃もあと一歩及ばず、敗戦を喫す

昨日の勢いそのままに連勝し勝ち点を奪取したい、対法大二回戦。

先発を任された期待の三年生右腕・木澤が、初回から制球に苦しむ。

先頭に四球を許すと、二死から四番打者にも四球を与え、続く打者から適時二塁打を浴びる。なおも二、三塁から、甘く入った初球をレフトスタンドに運ばれ、この回一挙4得点を奪われ、序盤から追いかける展開となる。

追いつきたい打線は、4回表、嶋田のソロ本塁打で1点を返す。
反撃も束の間、その裏にソロ本塁打を浴び、再び4点差とされる。

しかし、ここで諦めないのが塾野球部。
5回表、二死から柳町が四球を選ぶと、代打・鶴岡が適時二塁打を放ち1点を返す。
さらに7回表、瀬戸西の右前安打、水久保の四球などで二死二、三塁とすると、打席には立大二回戦で本塁打を放った三番・中村。走者一掃の適時打二塁打を放ち、1点差に迫る。

しかし、その後は走者を出すことができないまま、4-5で敗戦した。

勝ち点奪取は明日へ持ち越しとなった。
優勝に向けて絶対に落とせない今カード、部員一丸となって戦っていきたい。

(4年・マネージャー G.R)

 

7回表に走者一掃の適時二塁打を放った中村
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【慶 大】
(三) 柳町 3 0 0 1 1 0
(中) 渡部遼 1 0 0 0 0 0
代打 若林 1 0 0 1 0 0
森田晃 0 0 0 0 0 0
石井 0 0 0 0 0 0
代打 鶴岡 1 1 1 0 0 0
代走 杉本 0 0 0 0 0 0
増居 0 0 0 0 0 0
代打 福井 1 0 0 1 0 0
橋本典 1 0 0 0 0 0
(右) 中村 3 1 2 1 1 0
(捕) 郡司 3 0 0 1 1 0
(左) 正木 4 2 0 1 0 0
佐藤 0 0 0 0 0 0
(一) 嶋田 3 1 1 0 1 0
(二) 小原 4 1 0 0 0 0
(遊) 瀬戸西 4 1 0 2 0 0
(投) 木澤 0 0 0 0 0 0
代打 植田響 1 1 0 0 0 0
走中 水久保 1 0 0 1 1 0
代打 二宮 1 0 0 0 0 0
32 8 4 9 5 0
               
【法 大】
(右) 宇草 4 2 1 0 1 0
(中) 舩曳 2 1 0 0 2 0
(遊) 福田 3 0 0 1 1 0
(一) 伊藤 3 1 0 0 1 0
三浦 0 0 0 0 0 0
(二) 相馬 3 1 1 0 0 0
(三)一 安本 3 1 3 1 1 0
(左) 毛利 2 0 0 1 0 0
代打 清水 1 0 0 0 0 0
片瀬 1 0 0 1 0 0
(捕) 渡邉 4 1 0 2 0 0
(投) 鈴木 3 0 0 1 0 0
朝山 0 0 0 0 0 0
西山 1 1 0 0 0 0
30 8 5 7 6 0

 

【慶 大】 球数
木澤 2 46 12 3 3 3 4
森田晃 1 12 5 1 0 1 0
石井 1 13 5 1 0 2 1
増居 2 26 8 2 1 0 0
佐藤 2 27 7 1 3 0 0
8 124 37 8 7 6 5
               
【法 大】 球数
鈴木 6 2/3 108 29 7 7 4 4
朝山  1/3 15 3 1 0 1 0
三浦 2 27 6 0 2 0 0
9 150 38 8 9 5 4

 

▽本塁打 嶋田、安本、宇草 
▽三塁打 
▽二塁打 鶴岡、中村、相馬
▽三振 慶9  法7
▽四球 慶5  法6
▽犠打 慶1  法1
▽盗塁 慶0  法1
▽失策 慶0  法0
▽併殺 慶0  法1
ページの先頭へ戻る