新着情報

ホーム > 戦評 > 2019年度春季リーグ戦 対立教大学二回戦の結果

新着情報

2019年度春季リーグ戦 対立教大学二回戦の結果

2019年04月14日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 立教大 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
 慶應義塾 2 0 3 0 0 0 2 0 x 7

 

盤石な投手リレーで快勝 開幕カードで勝ち点奪取

昨日の勢いをそのままに、連勝で弾みをつけたい、対立大二回戦。

開幕カードの勝ち点がかかる大事な一戦のマウンドを任されたのは、速球派右腕の木澤。

初回、二死から走者を出すも危なげなく後続を打ち取り、先制を許さない。

その裏、先頭の柳町が中前安打で出塁すると、一死一塁から中村が今季初本塁打を放ち、幸先良く2点を先制する。

援護をもらった木澤は、3回表に1点を返されるも、最速150km/hの直球を中心に変化球を織り交ぜながら、スコアボードに0を重ねる。

追加点が欲しい塾打線は、3回裏、木澤の右前安打と柳町の四球などで無死一、二塁の好機を作ると、敵失の間に1点を追加。
なおも、二、三塁から中村が適時二塁打を放ち、この回計3点を追加し、リードを広げる。

7回表、代わった佐藤が、三者連続三振に抑える圧巻の投球を見せ、相手を寄せ付けない。

その裏、柳町の右前安打と渡部の四球、中村の犠打で一死二、三塁とすると、代打・福井が左翼手の頭を超える二塁打を放ち、さらに2点を追加する。

最終回のマウンドを任されたのは、リーグ戦初登板となる注目の1年生左腕・増居。
二死から走者を背負うも、最後は渾身の直球で見逃し三振に仕留め、試合終了。

開幕カードで連勝を収め、大事な勝ち点1をもぎ取った。

次なる相手は、昨季、激闘を制し勝ち点は奪ったものの、優勝を譲ることとなった法政大学である。 再来週も連勝で勝ち点を奪取すべく、今カードの反省点を修正し、しっかりと準備していきたい。

 (4年・マネージャー H.M)

 

0414立教② 6回1失点8奪三振の好投を見せ、試合を作った先発の木澤

6回1失点8奪三振の好投を見せ、試合を作った先発の木澤
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【立 大】
(中) 太田 4 0 0 3 1 0
(二) 宮慎 5 2 0 1 0 0
(三) 柴田 4 3 1 1 1 0
(右) 中嶋 3 0 0 2 1 0
(一) 鷲津 2 0 0 0 1 0
代打 山田 1 0 0 1 0 0
江口 0 0 0 0 0 0
(捕) 藤野 3 2 0 1 1 0
(左) 三井 3 0 0 2 0 0
打左 宮﨑仁 1 0 0 1 0 0
(遊) 笠井 3 1 0 0 0 0
代打 林中 1 0 0 0 0 0
(投) 手塚 0 0 0 0 0 0
代打 金川 1 0 0 1 0 0
小幡 0 0 0 0 0 1
中崎 1 0 0 1 0 0
中川 1 0 0 1 0 0
1 0 0 0 0 0
34 8 1 15 5 1
               
【慶 大】
(三)左 柳町 4 2 0 1 1 0
(中) 渡部遼 2 0 0 0 2 0
(右) 中村 3 2 4 0 0 0
(捕) 郡司 3 0 0 1 1 0
(左) 正木 2 0 0 1 1 0
代打 福井 1 1 2 0 0 0
代走 水久保 0 0 0 0 0 0
田中凌 0 0 0 0 0 0
(一) 嶋田 4 1 0 3 0 0
(二) 小原 3 1 0 0 1 0
(遊) 瀬戸西 2 0 0 1 0 0
(投) 木澤 2 1 0 1 0 0
代打 杉本 1 0 0 0 0 0
佐藤 0 0 0 0 0 0
代打 若林 1 1 0 0 0 0
増居 0 0 0 0 0 0
28 9 6 8 6 0

 

【立大】 球数
手塚 2 31 8 3 1 0 2
小幡 0 0/3 16 4 2 0 1 1
中崎 2 1/3 44 8 0 4 2 0
中川 2 2/3 49 13 3 3 2 2
江口 1 20 5 1 0 1 0
8 160 38 9 8 6 5
               
【慶大】 球数
木澤 6 105 26 6 8 3 1
佐藤 2 35 8 1 6 1 0
増居 1 22 5 1 1 1 0
9 162 39 8 15 5 1

 

▽本塁打 中村 
▽三塁打 柴田
▽二塁打 宮慎、嶋田、中村、福井
▽三振 立15  慶8
▽四球 立5  慶6
▽犠打 立0  慶4
▽盗塁 立1  慶1
▽失策 立1  慶0
▽併殺 立2  慶1

 

ページの先頭へ戻る