新着情報

ホーム > 戦評 > 平成30年度秋季リーグ戦 対法政大学一回戦の結果

新着情報

平成30年度秋季リーグ戦 対法政大学一回戦の結果

2018年10月01日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 法政大 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
 慶應義塾 0 0 0 0 2 0 0 0 x 2

 

小原の神宮初本塁打で先勝 単独首位へ

雨天による2日間の順延を挟み、迎えた対法大一回戦。勝ち点2同士の首位決戦となる今カード。何としても先勝し、勢いに乗りたい。

マウンドを託されたのは、今季好投を続ける髙橋佑。初回、二死満塁から適時打で1点を先制されるも、左翼手・柳町の好返球で二塁走者の生還は許さず最少失点で切り抜けると、その後はスコアボードに0を並べ、味方の反撃を待つ。

膠着状態のまま迎えた5回表、一死一塁から、右翼への大きな当たりを中村が体を張って好捕する。あわや本塁打とも思われた場面で気迫のプレーを見せ、試合の流れを引き寄せる。

その裏、一死から嶋田が左前安打で出塁すると、打席には小原。完璧に捉えた打球は台風一過の空にアーチを描き、左翼スタンドへ。自身神宮初となる本塁打は、値千金の逆転弾となった。

さらに突き放したい塾野球部は6回裏、先頭・中村の内野安打や四死球などで二死満塁の好機を作るも、後が空振り三振に倒れ、追加点には至らない。

それでも、7回表に中堅手・渡部が好捕を見せるなど、堅い守備で相手に反撃の隙を与えない。

8回からは髙橋亮が継投し、相手打線に安打を許さず試合終了。盤石の継投で1点のリードを守り切り、2-1で勝利した。

明日も勝利し、前半戦の天王山を制することが出来るよう、全員野球で戦いたい。

(2年・マネージャー I.C)

 

5回裏、決勝弾となる2点本塁打を放った小原
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【法 大】
(左) 宇草 4 2 0 2 0 0
(右) 小林 3 0 0 0 0 0
(中) 向山 3 0 0 2 1 0
(一) 中山 3 0 0 1 1 0
(捕) 中村浩 3 1 0 1 1 0
(遊) 川口凌 3 1 1 0 0 0
(三) 福田 3 0 0 0 0 0
代打 吉岡 1 0 0 0 0 0
(二) 相馬 3 0 0 0 0 0
(投) 三浦 2 0 0 0 0 0
石川 1 0 0 0 0 0
朝山 0 0 0 0 0 0
29 4 1 6 3 0
               
【慶 大】
(右) 中村 3 1 0 0 1 0
(中) 渡部 3 1 0 0 0 0
(左) 柳町 4 0 0 1 0 0
(捕) 郡司 3 1 0 1 1 0
(三) 内田 3 1 0 0 1 0
(一) 嶋田 4 1 0 3 0 0
(二) 小原 3 1 2 0 0 0
(遊) 瀬戸西 2 0 0 0 1 1
(投) 髙橋佑 2 0 0 1 0 0
髙橋亮 0 0 0 0 0 0
27 6 2 6 4 1

 

 

【法 大】 球数
三浦 5 2/3 97 23 5 4 2 2
石川 1 1/3 25 6 0 1 2 0
朝山 1 21 4 1 1 0 0
8 143 33 6 6 4 2
               
【慶 大】 球数
髙橋佑 7 98 27 4 4 2 1
髙橋亮 2 27 7 0 2 1 0
9 125 34 4 6 3 1

 

▽本塁打 小原
▽三塁打 
▽二塁打 宇草、郡司
▽三振 法6  慶6
▽四球 法3  慶4
▽犠打 法2  慶2
▽盗塁 法0  慶0
▽失策 法0  慶1
▽併殺 法0  慶0

 

ページの先頭へ戻る