新着情報

ホーム > 戦評 > 平成30年度秋季リーグ戦 対明治大学三回戦の結果

新着情報

平成30年度秋季リーグ戦 対明治大学三回戦の結果

2018年09月24日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 慶應義塾 0 1 0 4 2 0 0 0 0 7
 明治大 0 0 1 0 2 0 0 0 0 3

 

投打が噛み合い、強敵を撃破 勝ち点2とする

昨日の二回戦で今季初黒星を喫した塾野球部。
前日の雰囲気を断ち切り、何としても2つ目の勝ち点をもぎ取りたい、対明大三回戦。 

初回、この日一番に入った中村がいきなり左前安打を放ち、チームに勢いをつける。
その後、郡司の四球や相手の悪送球などで二死一、三塁の場面を迎えるもあと一打が出ず、先制とはならない。

マウンドには、一昨日の一回戦でも先発し、見事今季初勝利を挙げた髙橋佑。
キレのあるボールで強力明治打線を着実に打ち取り、上々の立ち上がりを見せる。

2回表、二死から瀬戸西・髙橋佑の連打で一、二塁とすると、中村が今季11打点目となる適時打を放ち、待望の先制点を挙げる。

3回裏に連打を浴び1点を失うも、5回表、柳町と郡司の連打で無死一、三塁の好機を作ると、五番・内田の放った鋭い打球は一塁手の横を抜け、三塁ランナーが生還。内田の適時打で勝ち越しに成功する。

さらに、続く嶋田が粘った末の7球目、高く浮いた球を完璧にとらえ、打球は左翼スタンドへ。3点本塁打で5-1とし、一気に相手を引き離す。

6回表にも一死一、三塁から郡司の中前適時打、内田の犠飛で2点を追加。
続く裏に、本塁打を浴びるなど2点を返されるも、7回裏に柳町、8回裏には中村が好守を見せ、髙橋佑を盛り立てる。

その後の失点は許さず、最終回は継投した髙橋亮が3人できっちり打ち取り、試合終了。
前日の流れを見事に断ち切る快勝で、2つ目の勝ち点を奪取した。

次週は、同率首位に並ぶ法大が待ち受ける。厳しい戦いが予想されるが、やるべきことは今までと変わらず、“一戦必勝”で2勝を挙げ、リーグ戦3連覇へ大きな一歩を踏み出したい。

(3年・マネージャー H.M)

 

0924明大③5打数3安打と攻守で活躍をみせた柳町

5打数3安打と攻守で活躍をみせた柳町
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【慶 大】
(右) 中村 3 2 1 0 2 0
(中) 渡部遼 4 0 0 1 0 0
(左) 柳町 5 3 0 1 0 0
(捕) 郡司 4 2 1 0 1 0
(三) 内田 4 1 2 0 0 0
(一) 嶋田 5 1 3 3 0 0
(二) 小原 3 0 0 1 1 0
(遊) 瀬戸西 3 1 0 2 0 1
(投) 髙橋佑 4 1 0 1 0 0
髙橋亮 0 0 0 0 0 0
35 11 7 9 4 1
               
【明 大】
(二) 添田 2 0 0 0 0 0
打二 吉田 2 0 0 1 0 0
(遊) 渡辺佳 4 3 0 0 0 0
(中) 逢澤 4 2 0 0 0 0
(一) 平塚 4 1 1 1 0 0
(三) 北本 4 1 0 0 0 0
(右) 越智 4 1 2 1 0 0
(左) 陶山 2 0 0 0 0 0
代打 高瀬 1 0 0 1 0 0
渡邉涼 1 0 0 0 0 0
(投) 伊勢 0 0 0 0 0 0
代打 佐野 1 0 0 0 0 0
竹田 0 0 0 0 0 0
代打 小泉 1 0 0 1 0 0
森下暢 0 0 0 0 0 0
髙橋裕 0 0 0 0 0 0
代打 内山 1 0 0 1 0 0
入江 0 0 0 0 0 0
代打 森下智 1 0 0 0 0 0
(捕) 西野 1 1 0 0 0 1
代打 喜多 1 0 0 0 0 0
氷見 1 0 0 0 0 0
35 9 3 6 0 1

 

【慶 大】 球数
髙橋佑 8 109 32 9 5 0 3
髙橋亮 1 11 3 0 1 0 0
9 120 35 9 6 0 3
               
【明 大】 球数
伊勢 2 46 11 4 1 1 1
竹田 2 29 9 1 2 2 0
森下暢 0 0/3 25 4 4 0 0 4
髙橋裕 3 50 12 2 4 1 2
入江 2 24 6 0 2 0 0
9 174 42 11 9 4 7

 

▽本塁打 嶋田、越智
▽三塁打 
▽二塁打 内田
▽三振 慶9  明6
▽四球 慶4  明0
▽犠打 慶3  明0
▽盗塁 慶0  明1
▽失策 慶1  明1
▽併殺 慶1  明0

 

ページの先頭へ戻る