新着情報

ホーム > 戦評 > 平成30年度秋季リーグ戦 対法政大学二回戦の結果

新着情報

平成30年度秋季リーグ戦 対法政大学二回戦の結果

2018年10月02日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 慶應義塾 1 0 0 1 0 0 0 0 0 2
 法政大 1 0 4 2 0 0 1 0 x 8

 

投打噛み合わず完敗を喫す

勝てば3連覇へ大きく近づく大事な一戦、対法大二回戦。

初回、中村が中前安打で出塁し、続く渡部遼の犠打と連続四球で一死満塁と好機を作ると、相手投手の暴投の間に1点を先制する。

なおも、二、三塁の場面から後続が空振り三振に倒れ、追加点を挙げることはできない。

先発マウンドには、東大二回戦で先発しリーグ戦初勝利を挙げた森田晃。

しかし、12季ぶりの優勝を狙う法大打線を前に初回から苦戦を強いられる。

先頭にいきなり本塁打を浴び同点とされ、その後安打や四死球などで二死満塁の窮地に追い込まれるも、後を空振り三振に抑えなんとか最少失点で切り抜ける。

森田晃を援護したい打線は2回表、先頭の小原が中前安打を放つも打線が繋がらず、得点には至らない。

3回裏、一死二塁から中前への安打で勝ち越しを許すと続く打者から2点本塁打を浴びる。ここで150キロ右腕の木澤に継投するも、勢いに乗った相手打線を抑えることはできずまたも本塁打を許し、この回計4点を失う。

4回表に安打や四球などで二死一、三塁とし渡部の適時打で1点を返す。あと一本欲しいところだが、追加点を挙げることはできず攻撃を終える。

その後も得点を許し、法大の勢いに押されたまま2-8で敗れた。

敗因は投手陣が崩れたことだけでなく、再三の好機をものにできなかった打線にもある。

気持ちを切り替え、明日こそ総力戦で勝利を掴み取りたい。

(3年・マネージャー H.M)

  

この試合唯一の適時打を放った渡部
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【慶 大】
(右) 中村 5 1 0 1 0 0
(中) 渡部 3 2 1 0 0 0
代打 橋本典 1 0 0 0 0 0
(左) 柳町 3 0 0 1 1 0
杉本 0 0 0 0 0 0
(捕) 郡司 2 0 0 0 2 0
(三) 内田 2 0 0 2 2 1
(一) 嶋田 2 0 0 1 0 0
打一 橋本昂 2 0 0 1 0 0
(二) 小原 4 2 0 0 0 0
(遊) 瀬戸西 3 0 0 1 0 0
代打 大平 1 1 0 0 0 0
(投) 森田晃 1 0 0 0 0 0
木澤 0 0 0 0 1 0
代打 植田清 1 0 0 0 0 0
津留﨑 0 0 0 0 0 0
前田 0 0 0 0 0 0
代打 田中凌 1 0 0 0 0 0
31 6 1 7 6 1
               
【法 大】
(左) 宇草 3 1 1 0 2 0
(右) 小林 5 2 0 0 0 0
(中) 向山 2 2 1 0 1 0
(一) 中山 5 2 2 1 0 0
(捕) 中村浩 2 1 2 0 3 0
(遊) 川口凌 3 0 0 0 1 0
(三) 福田 1 0 0 1 0 0
吉岡 4 1 1 1 0 0
(二) 相馬 4 1 0 2 0 0
(投) 高田 1 0 0 0 0 0
代打 毛利 1 1 0 0 0 0
菅野 2 2 1 0 0 0
33 13 8 5 7 0

 

【慶 大】 球数
森田晃 2 1/3 60 14 5 2 2 4
木澤 2 2/3 62 14 5 2 1 3
津留﨑 2 1/3 37 13 3 1 4 1
前田 0 2/3 4 2 0 0 0 0
8 163 43 13 5 7 8
               
【法 大】 球数
高田 4 82 21 5 2 5 2
菅野 5 62 17 1 5 1 0
9 144 38 6 7 6 2

 

▽本塁打 宇草、中村浩、吉岡
▽三塁打 
▽二塁打 向山
▽三振 慶7  法5
▽四球 慶6  法7
▽犠打 慶1  法3
▽盗塁 慶0  法0
▽失策 慶1  法0
▽併殺 慶1  法1

 

ページの先頭へ戻る