新着情報

ホーム > 戦評 > 平成30年度春季リーグ戦 対立教大学三回戦の結果

新着情報

平成30年度春季リーグ戦 対立教大学三回戦の結果

2018年05月07日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 慶應義塾 0 0 0 2 1 3 0 1 0 7
 立教大 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1

 

15安打と打線が奮起し勝ち点3 単独首位へ躍り出る

肌寒い気温と曇り空の下迎えた、対立大三回戦。

試合が動いたのは3回裏、暴投で走者を背負うと二死二塁から適時打で1点を先制される。

直後の4回表、一死から嶋田、内田の安打と中村の死球で満塁の好機を作る。打席には一昨日の試合で好守をみせた瀬戸西。攻守ともに期待される彼が放った打球は中前へと落ち2点を挙げ、逆転に成功する。

瀬戸西の適時打で口火を切ると、5回表には郡司の今季初本塁打が飛び出し、1点を追加する。

勢いに乗った慶大打線は6回表、一死一、三塁から、内野ゴロの間に1点を追加すると、さらに柳町の適時二塁打でこの回計3点を挙げ、相手を突き放す。

8回表には先頭・小原が左前安打で出塁すると犠打と内野ゴロで三進し、敵失の間に1点を追加し、点差を広げる。

投げては、髙橋亮、髙橋佑、石井の継投リレーで相手打線を抑えこみ、打っては15安打の猛攻と投打が噛み合い、7-1で勝利した。

昨春日本一という強敵に1敗を喫したものの、後2試合をものにして3つ目の勝ち点を挙げ単独首位に躍り出た。

次カードの対明大戦でも勢いそのままに勝利し、連覇に向けて弾みをつけることができるよう、部員一同戦っていきたい。

(3年・マネージャー A.Y)

 

0507立教③ 4回に逆転の適時打を放った瀬戸西

4回に逆転の適時打を放った瀬戸西
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【慶 大】
(二) 小原 6 3 1 0 0 0
(左)右 河合 5 3 0 0 0 0
走右 橋本典 0 0 0 0 0 0
(中) 柳町 6 1 2 0 0 0
(捕) 郡司 4 1 1 0 1 0
(一) 嶋田 4 2 0 1 1 0
(三) 内田 5 3 0 1 0 0
(右) 中村 2 0 0 0 1 0
走左 渡部遼 2 0 0 0 0 0
(遊) 瀬戸西 3 1 2 0 1 0
(投) 髙橋亮 1 0 0 1 1 0
髙橋佑 2 1 0 1 0 0
代打 正木 1 0 0 0 0 0
石井 0 0 0 0 0 0
41 15 6 4 5 0
               
【立 大】
(中) 寺山 3 0 0 1 0 0
(右) 松﨑 2 1 0 1 2 0
(二) 江藤 4 1 1 1 0 1
(左) 三井 4 1 0 0 0 0
(一) 飯迫 3 1 0 2 0 0
代打 荒井 1 0 0 1 0 0
川端健 0 0 0 0 0 0
(捕) 藤野 3 0 0 2 0 0
代打 種田 1 1 0 0 0 0
(三) 吉田 4 1 0 1 0 0
(投) 田中誠 2 0 0 0 0 0
中川 0 0 0 0 0 0
代打 1 0 0 1 0 0
江口 0 0 0 0 0 0
林中 1 0 0 0 0 0
(遊) 笠井 4 1 0 1 0 1
33 7 1 11 2 2

 

【慶 大】 球数
髙橋亮 4 71 17 3 6 1 1
髙橋佑 4 62 15 3 4 1 0
石井 1 20 4 1 1 0 0
9 153 36 7 11 2 1
               
【立 大】 球数
田中誠 5 94 24 8 3 2 3
中川 2 35 12 4 1 1 0
江口 1 23 7 1 0 2 0
川端健 1 27 5 2 0 0 0
9 179 48 15 4 5 3

 

▽本塁打 郡司
▽三塁打 
▽二塁打 柳町、内田、吉田
▽三振 慶4  立11
▽四球 慶5  立2
▽犠打 慶2  立1
▽盗塁 慶0  立0
▽失策 慶0  立2
▽併殺 慶1  立0

 

 

ページの先頭へ戻る