新着情報

ホーム > 戦評 > 平成30年度春季リーグ戦 対法政大学二回戦の結果

新着情報

平成30年度春季リーグ戦 対法政大学二回戦の結果

2018年04月29日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 法政大 2 0 0 0 0 0 0 2 0 4
 慶應義塾 2 0 0 0 1 2 0 0 x 5

 

追い上げ振り切り、2つ目の勝ち点奪取

開幕4連勝を飾り、2季ぶりに勝ち点を奪いたい対法大二回戦。

4月とは思えない暑さにも関わらず、駆け付けた観客で応援席上段まで埋まり、熱気に包まれた中で試合開始を迎えた。

先発を任されたのは、今季初登板となる4年生右腕・菊地。無失点で初回を切り抜けたいところだが、失策と犠打で得点圏に走者を進められると、内野ゴロと適時打で2点を先制される。

しかし直後の1回裏、二死一塁から郡司と嶋田の連続適時打ですぐに試合を振り出しに戻す。

2回以降安定した投球を見せる菊地を援護したい打線は5回裏、河合と柳町の連打などで無死二、三塁の好機を作ると、郡司の犠飛で1点を追加し、勝ち越しに成功する。

さらに6回裏には、無死一、三塁から菊地が一塁手強襲の適時打を放つと、続く小原の内野ゴロの間にも1点を奪う。

完全に流れを掴んだと思われたが、8回表、二死一、二塁から適時二塁打を放たれ、2点を返される。ここで、マウンドに上がったのは、昨日好投を見せた髙橋佑。1人目の打者に振り逃げで出塁を許すも、後を空振り三振に抑え、1点差のまま最終回を迎える。

9回表、代わった石井が一死三塁の窮地を背負うも、後続を空振り三振と二ゴロに抑え、試合終了。5-4で勝利した。

最後まで気の抜けない展開となるも、投手陣が踏ん張り、法政大学から2季ぶりに勝ち点を奪取した。次カードは、現在同率首位に立つ立教大学を迎え、前半戦最大の山場となる。勝ち点獲得に向け、部員一丸となって戦っていきたい。

(2年・マネージャー I.C)

 

3打数2安打2打点の活躍を見せた郡司
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【法 大】
(二) 相馬 5 1 0 0 0 0
(遊) 川口凌 3 0 0 0 0 0
(三) 福田 5 1 1 1 0 0
(右)中 向山 4 1 0 1 1 0
(左)一 中山 3 1 0 0 1 0
(一)左 吉岡 2 1 1 0 0 0
毛利 2 0 0 0 0 0
(捕) 中村浩 4 3 2 1 0 0
(中) 大西千 2 0 0 2 0 0
小林 2 0 0 1 0 0
(投) 高田 2 0 0 0 0 0
三浦 0 0 0 0 0 0
石川 0 0 0 0 0 0
代打 斎藤卓 1 0 0 1 0 0
河野太 0 0 0 0 0 0
代打 鎌倉 1 0 0 1 0 0
朝山 0 0 0 0 0 0
36 8 4 8 2 0
               
【慶 大】
(二) 小原 5 2 1 0 0 1
(左) 河合 4 1 0 0 0 0
(中) 柳町 4 2 0 0 0 0
渡部 0 0 0 0 0 0
(捕) 郡司 3 2 2 0 0 0
(一) 嶋田 4 1 1 0 0 0
(三) 内田 3 0 0 1 0 1
(右) 中村 4 1 0 1 0 0
(遊) 瀬戸西 4 2 0 0 0 0
(投) 菊地 2 2 1 0 0 0
髙橋佑 0 0 0 0 0 0
代打 正木 1 0 0 1 0 0
石井 0 0 0 0 0 0
34 13 5 3 0 2

 

【法 大】 球数
高田 5 93 24 9 2 0 3
三浦 0 1/3 17 4 3 0 0 2
石川 0 2/3 7 2 0 0 0 0
河野太 1 13 4 1 0 0 0
朝山 1 13 3 0 1 0 0
8 143 37 13 3 0 5
               
【慶 大】 球数
菊地 7 2/3 112 34 7 5 2 2
髙橋佑 0 1/3 12 2 0 2 0 0
石井 1 16 4 1 1 0 0
9 140 40 8 8 2 2

 

▽本塁打 
▽三塁打 郡司
▽二塁打 向山、中村浩、相馬
▽三振 法8  慶3
▽四球 法2  慶0
▽犠打 法2  慶3
▽盗塁 法0  慶0
▽失策 法0  慶2
▽併殺 法0  慶0

 

ページの先頭へ戻る