新着情報

ホーム > 戦評 > 平成30年度春季リーグ戦 対法政大学一回戦の結果

新着情報

平成30年度春季リーグ戦 対法政大学一回戦の結果

2018年04月28日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
慶應義塾 0 0 0 0 5 0 1 0 0 6
法政大 0 0 3 0 0 0 0 0 0 3

 

先制を許すも相手エースを打ち崩し逆転勝利

2季連続で勝ち点を落としている相手だけに今季こそは先勝したい対法大一回戦。

ゴールデンウィーク初日、多くの観客が慶應側スタンドに駆けつけた。

初回、二死から柳町と郡司の連打で一、三塁の好機を作るも後が三ゴロに倒れ先制とはならない。

先発の髙橋亮は1、2回とも得点圏に走者を出すも、後続をしっかりと抑える。

粘投を見せる髙橋亮だったが、3回裏、先頭に安打を許し一、三塁の場面を迎えると2本の適時打を浴びこの回3点を失う。

反撃したい打線だが、通算15勝の法大エース・菅野の好投の前になかなか走者を出すことができない。

しかし5回表、四球と野選、小原の左前安打で無死満塁の好機を得ると、河合・郡司・嶋田の適時打で一挙5点を奪い、逆転に成功する。

7回表には嶋田のリーグ戦初本塁打が飛び出し、さらに1点を追加。相手に流れを渡さない。

投げては継投した髙橋佑と石井が強力法政打線を無失点に抑える圧巻の投球を見せ、6-3で勝利した。

今日の勝利は、あくまで勝ち点獲得のための一勝である。

3季ぶりの勝ち点を奪取すべく、明日も気を緩めず全員野球で臨みたい。

 (3年・マネージャー H.M)

 

0429法政① リーグ戦初本塁打を放った嶋田リーグ戦初本塁打を放った嶋田
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【慶 大】
(二) 小原 4 1 0 2 1 0
(左) 河合 4 1 2 1 0 0
(中) 柳町 5 1 0 1 0 0
渡部遼 0 0 0 0 0 0
(捕) 郡司 5 2 2 1 0 0
(一) 嶋田 4 2 2 0 0 0
(三) 内田 4 1 0 1 0 0
(右) 中村 4 0 0 2 0 0
(遊) 瀬戸西 2 0 0 1 2 1
(投) 髙橋亮 1 1 0 0 0 0
髙橋佑 1 0 0 1 0 0
石井 1 0 0 1 0 0
35 9 6 11 3 1
               
【法 大】
(中) 大西千 4 1 0 1 1 1
(遊) 川口凌 5 1 0 1 0 0
(右) 向山 5 3 0 1 0 0
(左) 中山 4 0 0 1 1 0
(三) 福田 4 2 0 1 1 0
(一) 吉岡 4 1 1 1 0 0
(捕) 中村浩 2 0 0 0 1 0
鎌倉 1 0 0 1 0 0
(二) 相馬 4 4 2 0 0 0
(投) 菅野 1 0 0 0 0 0
石川 0 0 0 0 0 0
代打 安本 1 0 0 0 0 0
三浦 0 0 0 0 0 0
代打 斎藤卓 0 0 0 0 1 0
朝山 0 0 0 0 0 0
35 12 3 7 5 1

 

【慶 大】 球数
髙橋亮 3 66 18 7 1 3 3
髙橋佑 3 44 11 4 2 0 0
石井 3 52 12 1 4 2 0
9 162 41 12 7 5 3
               
【法 大】 球数
菅野 4 1/3 77 22 6 2 2 4
石川 1 2/3 35 8 2 3 1 0
三浦 2 29 7 1 5 0 1
朝山 1 14 3 0 1 0 0
9 155 40 9 11 3 5

 

▽本塁打 嶋田
▽三塁打 
▽二塁打 郡司、嶋田、相馬、向山
▽三振 慶11  法7
▽四球 慶3  法5
▽犠打 慶2  法1
▽盗塁 慶0  法0
▽失策 慶1  法1
▽併殺 慶0  法1

 

ページの先頭へ戻る