バックナンバー

ホーム > バックナンバー > 2021年春号 > 2021年春号(主将抱負)

倶楽部報(2021年春号)

主将抱負

主将 福井 章吾(環境情報学部4年 大阪桐蔭高)

2021年04月09日

主将 福井 章吾

三田倶楽部の皆様におかれましては、平素より多大なるご支援を賜り、誠にありがとうございます。

昨年の秋季リーグ戦は、10試合勝点制で行われる異例の形となりましたが、春の悔しさを晴らすべく、「個々のレベルアップ」と「勝負強さ」を掲げ、チーム一丸となって挑みました。皆様の温かいご声援を力に、あと1勝すれば優勝という条件で慶早戦を迎えましたが、早稲田大学に2連敗を喫し、優勝まであと一歩届かず2位という結果に終わりました。特に慶早2戦目は、あとアウト1つという状況から逆転を許し優勝を逃してしまいました。そこで改めて宿敵・早稲田に勝つ難しさ、東京六大学リーグで優勝することの難しさを痛感しました。私自身、昨年1年間正捕手として試合に出場させていただく中で多くのことを感じました。特に強く感じたことは「6校の力に大きな差は無い」ということです。そのため、どこで他大学に差をつけなければならないかを模索し、技術の向上はさることながら「人間力の向上」ではないかと考えました。野球と言えど人と人が行うスポーツであり、ましてや学生同士の戦いであるため、人として磨きがかかったチームが天皇杯を手にする事が出来ると思います。

本年度のチームスローガンは『繋勝〜Giving Back〜』です。塾野球部員に留まらず多くの方々の気持ちを繋ぎ、勝利という形で皆様に感動や喜びを還元したいという想いが詰まっております。昨秋の悔しさを決して忘れることなく1試合1試合を部員全員で勝ち取り、リーグ優勝、そして宿敵・早稲田に連勝します。

新型コロナウイルスの影響を受け、なかなか思うようにいかない日々が続いておりますが、リーグ戦を通して皆様に勇気や元気を与えられるよう全力でプレーをしてまいる所存です。

最後になりますが、今後も野球部への変わらぬご協力、ご支援の程、宜しくお願い致します。

ページの先頭へ戻る