バックナンバー

ホーム > バックナンバー > 2021年春号 > 2021年春号(三田倶楽部総会)

倶楽部報(2021年春号)

三田倶楽部総会

蔭山  実(昭和61年卒 四條畷高)

2021年04月09日

毎年恒例の総会は、新型コロナウイルス感染が拡大する情勢を踏まえ、懇親会を含めて開催が見送られました。総会で行われる予定であった、令和2年度決算、令和3年度予算案、役員および委員の一部改選の報告案件につきましては、書面開催となった理事会での決議をもって総会決議となりました。

例年、懇親会の場で行われていた卒業生の三田倶楽部入会セレモニーと三田倶楽部功労賞表彰は3月23日の卒業式後、日吉野球場の室内練習場で行われました。奈須英雄理事長(昭和59年卒)の司会進行のもと、岡浩太郎部長、堀井哲也監督(昭和59年卒)にもご出席いただき、卒業生に暖かいメッセージと祝辞をいただきました。一方、功労賞は、1年間、厳しい環境の中で主将としてチームを牽引した瀬戸西純君(慶應高)に授賞が決まり、トロフィーが深澤晶久副会長(昭和55卒)から授与されました。その後、志村亮技術委員長(平成元年卒)、紫垣樹郎野球部支援プロジェクトサブリーダー(平成元年卒)よりレクチャーを頂戴いたしました。

なお、総会資料は三田倶楽部のホームページのメンバーズエリアに掲載いたしましたので、そちらをご参照ください。

卒業生の三田倶楽部入会セレモニーで挨拶する岡浩太郎部長。左端は堀井哲也監督
卒業生の三田倶楽部入会セレモニーで挨拶する岡浩太郎部長。左端は堀井哲也監督

三田倶楽部功労賞を瀬戸西純前主将(左)に授与する深澤晶久副会長
三田倶楽部功労賞を瀬戸西純前主将(左)に授与する深澤晶久副会長

三田倶楽部功労賞を受賞した瀬戸西純前主将
三田倶楽部功労賞を受賞した瀬戸西純前主将

ページの先頭へ戻る