新着情報

ホーム > 戦評 > 平成28年度春季リーグ戦 対早稲田大学二回戦の結果

新着情報

平成28年度春季リーグ戦 対早稲田大学二回戦の結果

2016年05月29日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 早稲田大 0 0 0 0 2 3 0 0 2 7
 慶應義塾 0 0 0 2 0 0 0 0 1 3

 

本塁打で先制も、逆転負け 勝ち点奪取は第三戦に持ち越し

連勝で勝ち点を奪取すべく臨んだ対早大二回戦。この日も神宮球場には大勢の観客が詰めかけ、伝統の一戦ならではの熱気に包まれた。

リーグ戦初先発となった1年の髙橋佑は、初回から得点圏に走者を背負うも要所を締める投球で相手に先制を許さない。相手投手も好投し、試合は膠着状態が続く。

試合が動いたのは4回裏。二死一塁から岩見がレフトへ放った大きな打球は、2試合連続となる本塁打。ようやく手にした先制点に、三塁側応援席からは若き血の大合唱が巻き起こった。

しかし直後の5回表、ここまで粘投してきた髙橋佑が捕まり、連打で2点を返され試合は振り出しに。その後6回表には適時打などで勝ち越しを許し、9回表にもダメ押しの2点を追加されてしまう。

何とか反撃の糸口を掴みたい慶應打線は9回裏、先頭の山本瑛の本塁打で1点を返す。ここから流れを取り戻したいところであったが、後続が断たれ試合終了。3 – 7で敗戦した。

打線が奮わず、得点は2人の本塁打のみ。投手陣は4人が継投するも相手打線の勢いを止められず、投打ともに課題が浮き彫りになった一戦であった。
明日こそは勝利し、早稲田から2014年春以来となる勝ち点を奪取したい。

 (4年・マネージャー S.M) 
 

0529早稲田② 慶早戦の大舞台で、初めて先発を任された髙橋佑

慶早戦の大舞台で、初めて先発を任された髙橋佑
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【早 大】
(三) 木田 4 3 0 0 1 0
(二) 真鍋 2 1 1 0 1 0
(一) 立花 5 1 2 0 0 0
(遊) 石井 3 1 1 2 2 0
(左) 八木 4 1 0 2 1 0
(右) 三倉 3 0 0 0 1 0
(捕) 吉見 4 1 2 1 1 0
(中) 中澤 3 0 0 0 0 0
(投) 竹内 4 1 1 1 0 0
32 9 7 6 7 0
               
【慶 大】
(二) 小原和 4 0 0 0 0 0
倉田 0 0 0 0 0 0
(右) 山口 4 1 0 0 0 0
(一) 山本瑛 4 2 1 1 0 0
(三) 沓掛 4 0 0 1 0 0
(左) 岩見 4 1 2 1 0 0
(中) 柳町 2 0 0 1 1 0
代打 郡司 1 0 0 0 0 0
(捕) 須藤 3 1 0 1 0 1
(遊) 照屋 3 0 0 0 0 0
(投) 髙橋佑 1 0 0 1 0 1
清水洋 1 0 0 1 0 0
小原大 0 0 0 0 0 0
代打 明渡 1 0 0 1 0 0
亀井 0 0 0 0 0 0
32 5 3 8 1 2

 

【早 大】 球数
竹内 9 135 33 5 8 1 3
9 135 33 5 8 1 3
               
【慶 大】 球数
髙橋佑 4 1/3 76 21 6 3 1 2
清水洋 1 25 7 1 0 3 3
小原大 2 2/3 43 10 1 2 1 0
亀井 1 24 5 1 1 2 2
9 168 43 9 6 7 7

 

▽本塁打 岩見、山本瑛
▽三塁打 
▽二塁打 真鍋、竹内
▽三振 早6  慶8
▽四球 早7  慶1
▽犠打 早4  慶0
▽盗塁 早5  慶0
▽失策 早0  慶2
▽併殺 早0  慶0

 

ページの先頭へ戻る