新着情報

ホーム > 戦評 > 平成28年度春季リーグ戦 対早稲田大学一回戦の結果

新着情報

平成28年度春季リーグ戦 対早稲田大学一回戦の結果

2016年05月28日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 慶應義塾 0 2 3 0 0 0 2 2 0 9
 早稲田大 0 0 0 0 0 2 2 0 0 4

 

3本塁打を含む9得点の猛攻で早稲田から3季ぶりの勝ち星

両校ともに優勝を逃したものの、早々に立ち見が出るなど26,000人の観客が詰めかけた伝統の一戦。

2回表に加藤拓の本塁打で2点を先制すると、続く3回表にも岩見の2点本塁打と須藤の適時打で3点を追加する。

しかし6回裏、ここまで粘り強い投球を続けていた加藤拓が、先頭から二者連続で四球を出すなどして一死二、三塁とされ、適時二塁打で2点を返される。
その後二死満塁とされると、両スタンドからの熱のこもった応援で球場全体が揺れる。ここで加藤拓の渾身の投球に、相手打者は見逃し三振。窮地を脱する熱投に慶應スタンドは大いに沸いた。

直後の7回表、二死から山本瑛が詰まりながらも右前への安打で出塁すると、岩見の適時打や暴投などで2点を挙げ、またも相手を突き放す。

その裏に本塁打と犠飛で再び2点を返されるも、8回表、先頭の須藤が本塁打。さらに二死一、三塁から小原和がリーグ戦初の適時打を放ち、この回2点を追加する。

先発・加藤拓は8回裏、9回裏にも得点圏に走者を背負い、苦しい投球となるも本塁は踏ませず、9 – 4で勝利。
178球を投げ抜いた加藤拓はリーグ戦通算20勝目を挙げた。

(4年・マネージャー U.R) 
 

0528早稲田① 打っては先制本塁打、投げてはリーグ戦通算20勝目を挙げた加藤拓

打っては先制本塁打、投げてはリーグ戦通算20勝目を挙げた加藤拓
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【慶 大】
(二) 倉田 3 1 0 1 0 0
代打 齋藤大 1 0 0 1 0 0
清水翔 0 0 0 0 0 0
(右) 山口 5 1 0 1 0 0
(一) 山本瑛 3 2 0 1 1 0
代走 小原徳 0 0 0 0 0 0
小原和 1 1 1 0 0 0
(三) 沓掛 4 1 0 0 1 0
(左) 岩見 4 2 3 1 0 0
走左 重田 1 0 0 0 0 0
(中) 柳町 5 1 0 1 0 0
(捕) 須藤 4 2 2 2 0 0
(投) 加藤拓 4 1 2 1 0 0
(遊) 照屋 4 1 0 1 0 0
39 13 8 10 2 0
               
【早 大】
(二) 真鍋 2 0 0 0 3 1
(中) 中澤 5 0 0 2 0 0
(右) 三倉 4 2 0 2 1 0
(遊) 石井 3 2 1 1 2 0
(一) 立花 4 2 0 1 1 0
(左) 八木 1 0 0 1 2 0
(三) 木田 5 4 2 0 0 0
(捕) 吉見 3 0 1 0 1 1
(投) 大竹 0 0 0 0 0 0
黒岩佑 2 0 0 2 0 0
代打 加藤 1 0 0 1 0 0
柳澤 0 0 0 0 0 0
代打 長谷川寛 1 0 0 0 0 0
北濱 0 0 0 0 0 0
吉野和 0 0 0 0 0 0
代打 宇都口 1 0 0 0 0 0
32 10 4 10 10 2

 

【慶 大】 球数
加藤拓 9 178 45 10 10 10 4
9 178 45 10 10 10 4
               
【早 大】 球数
大竹 2 1/3 49 16 7 1 1 4
黒岩佑 3 2/3 49 11 0 4 0 0
柳澤 1 27 6 2 3 1 2
北濱 0 2/3 21 6 4 1 0 2
吉野和 1 1/3 15 4 0 1 0 0
9 161 43 13 10 2 8

 

▽本塁打 加藤拓、岩見、須藤、石井
▽三塁打 柳町   
▽二塁打 山本瑛、木田2   
▽三振 慶10  早10   
▽四球 慶2  早10   
▽犠打 慶1  早3   
▽盗塁 慶0  早2   
▽失策 慶0  早2   
▽併殺 慶1  早0   

 

ページの先頭へ戻る