新着情報

ホーム > 戦評 > 令和四年度春季リーグ戦 対明治大学二回戦の結果

新着情報

令和四年度春季リーグ戦 対明治大学二回戦の結果

2022年05月15日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 明治大 0 0 1 0 1 0 0 0 0 2
 慶應義塾 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

 

相手投手の好投を前に打線が繋がらず、敗戦を喫す

昨日の勢いそのまま連勝し、優勝に向け勝ち点を奪取したい対明大二回戦。

先発を任された1年生右腕・外丸は、1回表、左前安打と連続四球などで二死満塁とされるも、後を見逃し三振に切ってとり、窮地を逃れる。

2回表、一死から左前安打で走者を背負うも、続く打者を空振り三振に打ち取る。そして、その間に一塁走者が二盗を試みるも、善波が強肩を見せ併殺とし、先制点を与えない。

走者を許しながらも要所を締める投球を見せていた外丸だったが、3回表、先頭に二塁打を放たれるなど、一死三塁とされると、続く打者に適時打を放たれ、1点を失い、先制を許す。

4回裏、先頭・廣瀬が、この試合塾打線初安打となる中前安打を放つも、後続が打ち取られ、得点には繋がらない。

5回表、二死から二塁打を放たれると、続く打者の適時打で1点を追加される。

6回表、5回2失点の力投を見せた先発・外丸に代わり、森下がマウンドに上がる。先頭に右前安打を放たれるも、後続を捕飛、右飛、投ゴロに抑える。

何としても追いつきたい塾打線は7回裏、先頭・萩尾の中前安打と、朝日の相手の意表をつく投前バントの内野安打で無死一、二塁と、初めて得点圏に走者を進める。すると、続く古川がしっかりと犠打を決め、一死二、三塁と好機を拡大する。さらに代打・北村が四球を選び、満塁と絶好の好機を迎える。しかし、後が併殺打に打ち取られ、得点には至らない。

9回表、8回からマウンドに上がった橋本達が遊ゴロ、二飛、空振り三振と3人で締め、最後の攻撃に向けて流れを作る。

後がない打線はその裏、一死から萩尾が左前安打を放ち、一発出れば同点の状況を作るも、後続が中飛と左飛に打ち取られ、0-2で敗戦した。

投手陣が粘投を見せるも、相手投手の好投を前に後一打が出ず、悔しい敗戦となった。

優勝へ向けて絶対に落とせない今カード、明日は気持ちを切り替え、再び部員一丸となって戦っていきたい。

(2年・マネージャー J.S)

 

DSC04762

5回2失点の力投を見せた先発・外丸

 

【明 大】
(中) 明新 5 1 0 1 0 0
(右) 長南 4 1 0 1 0 0
(遊) 宗山 3 2 1 0 1 0
(一) 上田 3 1 1 0 1 0
(三) 山田陸 3 1 0 0 1 0
(捕) 蓑尾 3 1 0 1 0 0
(左) 4 1 0 1 0 0
髙山 0 0 0 0 0 0
(二) 堀内 4 1 0 0 0 0
(投) 村田 3 0 0 2 0 0
西川 1 0 0 0 0 0
33 9 2 6 3 0
               
【慶 大】
(三) 下山 3 1 0 1 1 0
(左) 宮尾 2 0 0 0 0 0
宮崎 2 0 0 1 0 0
(二) 廣瀬 4 1 0 0 0 0
(中) 萩尾 4 2 0 1 0 0
(遊) 朝日 4 1 0 2 0 0
(一) 古川 2 0 0 0 1 0
(右) 山本 2 0 0 0 0 0
打右 北村 0 0 0 0 1 0
(捕) 善波 2 0 0 0 0 0
森下 0 0 0 0 0 0
代打 本間 1 0 0 0 0 0
橋本達 0 0 0 0 0 0
(投) 外丸 1 0 0 0 0 0
栗林 1 0 0 1 0 0
打左 水鳥 1 0 0 0 0 0
29 5 0 6 3 0

 

【明 大】 球数
村田 7 95 26 4 4 3 0
髙山 2 28 7 1 2 0 0
9 123 33 5 6 3 0
               
【慶 大】 球数
外丸 5 65 23 7 5 2 2
森下 2 32 8 1 0 1 0
橋本達 2 21 7 1 1 0 0
9 118 38 9 6 3 2

 

▽本塁打  
▽三塁打 
▽二塁打 明新、宗山
▽三振 明6  慶6
▽四球 明3  慶3
▽犠打 明2  慶1
▽盗塁 明0  慶0
▽失策 明0  慶0
▽併殺 明1  慶1

 

ページの先頭へ戻る