新着情報

ホーム > 戦評 > 令和四年度春季リーグ戦 対明治大学一回戦の結果

新着情報

令和四年度春季リーグ戦 対明治大学一回戦の結果

2022年05月14日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 慶應義塾 3 0 1 0 1 0 2 0 0 7
 明治大 0 1 0 0 0 2 0 1 0 4

 

順調に得点を重ね、投手陣も踏ん張り勝利

自力優勝の可能性を残すため、絶対に負けられない対明大一回戦。

1回表、二者連続四球などで、一死一、二塁の好機を作ると今季初めて四番に座った萩尾が中越えの適時三塁打を放ち、2点を先制する。なおも、一死三塁から朝日の適時打でこの回3点を奪い、幸先の良いスタートを切る。

2回裏、先発・増居が先頭打者に本塁打を許し1点を返される。

3回表、朝日、古川の連打などで二死一、二塁とすると善波の適時打ですぐさま1点を奪い返す。

勢いに乗った打線は5回表、先頭・朝日が四球を選び出塁するなど、二死三塁とすると善波がセンター前に落ちる2打席連続となる適時打を放ち、リードを4点に広げる。

再三走者を出しつつも粘投していた増居だが、6回裏、またもや先頭に本塁打を放たれ1点を返される。さらに、四球を与えるなど二死二塁とされると、センター前への適時打を許し降板する。後を任された橋本達だが二死一塁から、善波が二盗を刺し窮地を脱する。

直後の7回表、先頭・朝日が左前安打で出塁するなど一死二塁とすると、山本の中越え適時三塁打で1点を追加する。なおも一死三塁から、善波の右犠飛で先程の回に取られた2点を取り返す。 

8回裏、先頭に二塁打を放たれるなど一死三塁とされると、内野安打で1点を返される。なおも、一死一塁から二盗を決められ一死二塁となるも、後続を2つの空振り三振に抑え、相手に流れを渡さない。

ピシャリと抑えて次戦に弾みをつけたい9回裏、二死から中前安打を放たれるも、後を遊ゴロに抑え7-4で勝利した。

投打が噛み合う良い試合が展開できたが、気を抜けない戦いが続くので目の前の試合をチーム一丸となって全力で戦って参りたい。

(3年・マネージャー I.M)

 

2本の適時打を含む3打点の活躍をみせた善波

 

【慶 大】
(三) 下山 4 0 0 1 1 0
(左) 宮尾 3 1 0 0 1 0
吉川 1 0 0 1 0 0
(二) 廣瀬 3 0 0 1 2 0
(中) 萩尾 5 1 2 1 0 0
(遊) 朝日 4 3 1 0 1 0
(一) 古川 2 1 0 0 1 0
(右) 山本 4 2 1 1 0 0
(捕) 善波 4 2 3 1 0 0
(投) 増居 3 1 0 1 0 0
橋本達 1 1 0 0 1 0
34 12 7 7 7 0
               
【明 大】
(中) 直井 5 0 0 0 0 0
(左) 日置 2 0 0 0 0 0
明新 2 2 1 0 0 0
(遊) 宗山 3 0 0 0 1 0
(一) 上田 3 1 1 0 1 0
(三) 山田陸 4 2 1 1 0 0
(捕) 蓑尾 4 1 1 1 0 1
(右) 4 1 0 2 0 0
(二) 堀内 3 0 0 2 0 0
代打 野波 1 0 0 0 0 0
(投) 蒔田 0 0 0 0 0 0
代打 加藤巧 1 0 0 0 0 0
石原 1 1 0 0 0 0
代打 石﨑 1 0 0 0 0 0
千葉 0 0 0 0 0 0
代打 長南 1 1 0 0 0 0
35 9 4 6 2 1

 

【慶 大】 球数
増居 5 2/3 98 24 5 2 2 3
橋本達 3 1/3 44 13 4 4 0 1
9 142 37 9 6 2 4
               
【明 大】 球数
蒔田 3 73 18 7 2 2 4
石原 4 69 19 4 2 3 3
千葉 2 36 10 1 3 2 0
9 178 47 12 7 7 7

 

▽本塁打 山田陸、明新
▽三塁打 萩尾、山本
▽二塁打 明新
▽三振 慶7  明2
▽四球 慶7  明6
▽犠打 慶6  明0
▽盗塁 慶1  明2
▽失策 慶0  明1
▽併殺 慶0  明0

 

 

ページの先頭へ戻る