新着情報

ホーム > 戦評 > 令和三年度秋季リーグ戦 対明治大学一回戦の結果

新着情報

令和三年度秋季リーグ戦 対明治大学一回戦の結果

2021年09月25日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 明治大 0 0 1 0 0 0 2 1 0 4
 慶應義塾 1 0 2 0 0 0 0 1 0 4

 

1点を争う激闘、両者一歩も引かず引き分け

開幕カードに続く2連勝に向け、絶対に負けられない対明大一回戦。

試合は1回裏から動き出す。先頭・渡部遼が俊足を生かした内野安打で出塁するなど二死三塁とすると、正木の適時三塁打で1点を先制する。

しかし3回表、先頭に四球を与えるなど二死三塁とされると、適時三塁打で同点とされる。

勝ち越したい打線は直後の3回裏、渡部遼の安打などで二死二、三塁とすると下山が適時打を放ちこの回2点の勝ち越しに成功する。

その後は両チームの投手が粘りの投球を見せ、4、5、6回とスコアボードに0が並ぶ。

再び試合が動いたのは7回表、これまで好投を見せていた先発・森田が相手打線につかまり、一死二塁から右中間への適時二塁打で1点を返される。なおも一死一、三塁とピンチは続く。ここで森田に代わって橋本達がマウンドに上がる。1人目の打者を三振に抑えるも、続く打者に適時打を放たれ、試合は振り出しに。

さらに8回表、2つの四球と安打などで二死満塁の窮地を迎えると、適時打を浴び1点を勝ち越される。

なんとか追いつきたい打線は8回裏、四死球などで二死満塁の好機を作ると相手の暴投の間に1点を奪い、土壇場で同点とする。

最終回は両者得点を挙げることができずそのままゲームセット。両者の意地がぶつかり合う激闘は、勝敗がつかぬまま幕を閉じた。明日も1点が重い厳しい試合となるだろう。明日こそは勝利し、優勝に一歩近づくことができるよう、部員一丸となって戦っていきたい。

(4年・マネージャー I.M)

 

06-20210925-02

3回裏に勝ち越しの適時打を放った下山

 

【明 大】
(右) 陶山 4 1 1 0 1 0
(二) 村松 3 1 1 0 1 1
(中) 丸山 3 0 0 0 1 0
(一) 上田 5 1 0 0 0 0
(左) 杉崎 3 1 0 1 1 0
走左 直井 1 0 0 0 0 0
(遊) 宗山 4 2 0 0 0 0
(三) 山田陸 3 1 1 0 1 0
(捕) 蓑尾 3 2 1 0 1 0
(投) 竹田 2 0 0 1 0 1
代打 日置 1 0 0 1 0 0
髙橋 1 0 0 1 0 0
蒔田 0 0 0 0 0 0
33 9 4 4 6 2
               
【慶 大】
(中) 渡部遼 5 2 0 0 0 0
(捕) 福井 3 0 0 0 0 0
(一) 廣瀬 4 0 0 2 1 0
(右) 正木 3 1 1 1 2 0
(三) 下山 3 1 2 1 1 0
(左) 若林 3 1 0 1 0 0
新美 0 0 0 0 1 0
(二) 古川 4 1 0 2 0 0
(遊) 朝日 2 0 0 0 0 0
代打 北村 1 0 0 0 0 0
斎藤快 0 0 0 0 0 0
(投) 森田 3 0 0 0 0 0
橋本達 0 0 0 0 0 0
代打 綿引 0 0 0 0 1 0
生井 0 0 0 0 0 0
渡部淳 0 0 0 0 0 0
31 6 3 7 6 0

 

【明 大】 球数
竹田 6 79 27 6 6 2 3
髙橋 1 0/3 21 6 0 1 3 1
蒔田 2 23 7 0 0 1 0
9 123 40 6 7 6 4
               
【慶 大】 球数
森田 6 1/3 75 26 6 2 2 3
橋本達 1 2/3 28 10 3 2 2 1
生井 0 1/3 11 2 0 0 1 0
渡部淳 0 2/3 10 3 0 0 1 0
9 124 41 9 4 6 4

 

▽本塁打 
▽三塁打 村松、正木
▽二塁打 杉崎、山田陸
▽三振 明4  慶7
▽四球 明6  慶6
▽犠打 明2  慶3
▽盗塁 明1  慶0
▽失策 明2  慶0
▽併殺 明1  慶1

 

ページの先頭へ戻る