新着情報

ホーム > 戦評 > 令和三年春季フレッシュトーナメント 東京大学戦の結果

新着情報

令和三年春季フレッシュトーナメント 東京大学戦の結果

2021年06月02日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 東京大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 慶應義塾大 0 0 0 0 0 1 0 1 x 2

 

手に汗握る投手戦 接戦を制し勝利

連勝して決勝に弾みをつけたい、対東大戦。

大事なマウンドを託されたのは、初戦に完璧なリリーフを見せた谷村然。

1回表、先頭に出塁を許すなど一死一、二塁とされるも後続を抑え先制を許さない。

 打線は初回、三者凡退に抑えられるなど、相手投手を前に苦戦する。2回裏には関がライト線への二塁打、3回裏には栗林が中前安打を放つが、どちらも次の打者が空振り三振に倒れ得点には至らない。

先発の谷村然は2回表、三者三振に切ってとるなど、4回8奪三振無失点の好投をみせる。5回からは浮橋がマウンドに上がり、安定した投球をみせ、両校ともにスコアボードにゼロが並ぶ白熱の投手戦を繰り広げる。

試合が動いたのは、6回裏。一死から吉川が左前安打で出塁すると、盗塁を決め得点圏に走者を進める。続く齋藤來は一、二塁間後方にポトリと落ちる内野安打を放ち、一死一、三塁の好機を作る。ここで打席に4番の宮崎が入り、レフトへの犠飛を放ち先制する。

追加点が欲しい打線は7回裏、一死から代打で清原を打席に送る。清原の公式戦初出場でスタンドは大いに盛り上がる。注目を一身に集め、振り切った3球目。打球はライトへの大きなフライとなり、惜しくも出塁することはできない。続く代打・佐藤一が四球で出塁すると、すぐさま代走を出すなどベンチが勝負にでる。しかし、後が右飛に倒れ得点には至らない。

しかし8回裏、先頭の栗林がレフトスタンドに飛び込む本塁打を放ち待望の追加点を得る。

 最終回は、先程の回ピンチを抑えた前田が三者凡退に抑え、投手戦を制した。

 決勝でも、2試合連続完封勝利を収めた投手陣の活躍に期待したい。

(2年・マネージャー I.M)

 

IMG_7856

レフトへ放物線を描く本塁打を放った栗林

 

【東 大】
(中) 矢追 4 1 0 1 0 0
(一) 梅林 4 1 0 2 0 0
(右) 別府 2 1 0 1 2 0
(左) 和田 4 0 0 2 0 0
(捕) 内田 3 0 0 0 1 0
(指) 鈴木太 4 0 0 3 0 0
(三) 地曵 3 0 0 2 0 0
代打 向原 1 0 0 1 0 0
(遊) 秀島 3 0 0 1 0 0
(二) 阿部 3 2 0 1 0 0
31 5 0 14 3 0
               
【慶 大】
(右) 栗林 4 2 1 1 0 0
(中) 吉川 4 1 0 1 0 0
(二) 齋藤來 3 1 0 0 1 0
(一) 宮崎 2 0 1 1 1 0
(三) 本間 4 0 0 1 0 0
(左) 3 1 0 0 0 0
(指) 村上 1 0 0 1 1 0
走指 渡邉大 0 0 0 0 0 0
打指 清原 1 0 0 0 0 0
(遊) 水鳥 2 0 0 0 0 0
代打 佐藤一 0 0 0 0 1 0
走遊 杉山 0 0 0 0 0 0
(捕) 善波 3 0 0 0 0 0
27 5 2 5 4 0

 

【東 大】 球数
松岡由 6 90 23 4 5 1 1
小島 1 15 4 0 0 1 0
青木 1 20 5 1 0 2 1
8 125 32 5 5 4 2
               
【慶 大】 球数
谷村然 4 73 16 2 8 2 0
浮橋 3 2/3 51 13 3 3 0 0
前田 1 1/3 20 5 0 3 1 0
9 144 34 5 14 3 0

 

▽本塁打 栗林
▽三塁打 
▽二塁打 関、梅林
▽三振 東14  慶5
▽四球 東3  慶4
▽犠打 東0  慶1
▽盗塁 東3  慶3
▽失策 東0  慶0
▽併殺 東1  慶1
ページの先頭へ戻る