新着情報

ホーム > 戦評 > 令和三年春季フレッシュトーナメント 早稲田大学戦の結果

新着情報

令和三年春季フレッシュトーナメント 早稲田大学戦の結果

2021年05月31日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 慶應義塾 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
 早稲田大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

 

投手陣が無失点で試合を繋ぎ、大事な初戦を白星で飾る 

春季リーグ戦優勝の勢いに乗り、フレッシュトーナメントも優勝を果たすべく初戦勝利を収めたい対早大戦。

初戦の先発を任された森下は初回、先頭に四球を許すも、後続を三者連続三振に打ち取る。

3回裏には、先頭に左前安打を放たれ、四球などで一死二、三塁の窮地を招くも、後続を連続三振に抑え、先制点を与えない粘りの投球を見せる。

試合が動いたのは、直後の4回表。先頭・栗林が左越えの二塁打を放ち、暴投の間に三塁へ進塁するなど一死三塁の好機を作ると、齋藤來が適時二塁打を放ち、1点を先制する。

追加点が欲しい打線は6回表、一死から栗林がこの試合2本目の二塁打を放ち、得点圏に走者を置くも、あと一打が出ず無得点に終わる。

6回6奪三振と力投した森下に代わり、7回からは谷村然が登板。2つの三振を奪うなど、好投を見せ、早大打線に反撃の隙を与えない。

9回表、先頭・栗林が猛打賞となる中前安打を放つも、後続が右飛、併殺打に倒れ、得点には至らない 。

1点リードで迎えた9回裏。先頭を空振り三振に仕留めると、後続を2つの飛球に打ち取りゲームセット。2番手・谷村然が終盤3回に走者を一度も出さず投げ切り、1-0で勝利した。

接戦となったが、2年生投手2人が試合を無失点で繋ぎ、1点を守り切った。

決勝戦に駒を進められるよう、次の東大戦も勝利し、リーグ戦、フレッシュトーナメント共に優勝を成し遂げたい。 

(1年・マネージャー K.H)

 

DSC09332

先制の適時二塁打を放った齋藤來

 

 

 

【慶 大】
(右) 栗林 4 3 0 0 0 0
(中) 吉川 3 0 0 2 1 0
(二) 齋藤來 4 1 1 1 0 0
(指) 宮崎 3 0 0 0 0 0
(一) 小川尚 3 0 0 2 0 0
(左) 3 0 0 2 0 0
(遊) 水鳥 3 0 0 1 0 0
(三) 本間 3 0 0 0 0 0
(捕) 善波 3 0 0 1 0 0
29 4 1 9 1 0
               
【早 大】
(三) 中村将 2 1 0 0 1 0
(二) 茅野 4 0 0 2 0 0
(右) 吉納 4 0 0 3 0 0
(捕) 印出 3 0 0 1 1 0
(一) 生沼 4 0 0 0 0 0
(中) 森田朝 3 0 0 2 0 0
(指) 相澤 2 0 0 0 0 0
打指 梅村 1 0 0 0 0 0
(左) 金澤 3 1 0 1 0 0
(遊) 前田 1 0 0 0 1 0
打遊 中村敢 1 0 0 1 0 0
28 2 0 10 3 0

 

【慶 大】 球数
森下 6 83 23 2 6 3 0
谷村然 3 28 9 0 4 0 0
9 111 32 2 10 3 0
               
【早 大】 球数
伊藤 5 63 17 2 4 0 1
澤村 2 28 7 1 3 1 0
齋籐正 1 11 3 0 2 0 0
鹿田 1 11 3 1 0 0 0
9 113 30 4 9 1 1

 

▽本塁打 
▽三塁打 
▽二塁打 栗林2 、齋籐來
▽三振 慶9  早10
▽四球 慶1  早3
▽犠打 慶0  早1
▽盗塁 慶0  早0
▽失策 慶0  早0
▽併殺 慶0  早1
ページの先頭へ戻る