新着情報

ホーム > 戦評 > 令和元年度秋季フレッシュトーナメント 東京大学戦の結果

新着情報

令和元年度秋季フレッシュトーナメント 東京大学戦の結果

2019年11月07日

  1 2 3 4 5 6 7
 東京大 1 1 2 0 0 0 0 4
 慶應義塾 4 0 4 0 5 0 x 13

 ※連盟規定により7回コールド

大量13得点でコールド勝ち、ブロック戦首位通過を決める

勝ってブロック戦首位通過を決めたい、フレッシュトーナメント対東大戦。

初回、犠飛で1点を先制されるも、直後の裏に一死満塁から萩尾の犠飛で同点とすると、捕逸や古川の適時二塁打でさらに3点を追加し、逆転に成功する。

しかし2回表に適時打で1点、3回表には一死二、三塁から失策で2点を失い、同点に追いつかれる。

それでも3回裏、一死満塁からの新美の犠飛で勝ち越しに成功。さらに二死満塁から宮尾の押し出し四球で2点を勝ち越すと、山本晃のショートへの当たりが敵失を誘い、2点を追加する。

止まらない打線は5回裏、敵失の間に1点を奪うと、山本晃、小川の適時二塁打で2点、さらに敵失で1点を追加する。なおも二死二塁から綿引が駄目押しの適時二塁打を放ち、この回計5点を奪って相手を突き放す。

投げては継投した中原、長谷川、宮野が無失点の好投を見せ、連盟規定により7回コールドで、13-4で勝利した。

ブロック戦首位通過を決め、最後に立ちはだかるのは宿敵・早稲田。

平成22年秋以来となる新人戦優勝に向け、絶対に負けられない戦いが続く。

 (2年・マネージャー O.M)

 

継投し、2回無失点の好投を見せた長谷川
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【東 大】
(右) 宮﨑 3 2 0 1 1 0
(中) 中井 3 1 0 1 1 0
(左) 安田 1 0 0 0 1 1
代打 奥田勇 1 0 0 0 0 0
(一) 森末 2 0 1 1 1 1
(指) 佐々木 3 0 0 2 0 0
代打 山崎 1 0 0 0 0 0
(三) 水越 3 2 0 0 0 1
(二) 伊藤翔 2 0 0 0 0 0
代打 高橋 1 0 0 0 0 0
二遊 林英 0 0 0 0 0 1
(捕) 松岡 3 1 1 1 0 0
(遊) 辻村 2 0 0 0 0 2
打二 林遼 1 0 0 0 0 0
26 6 2 6 4 6
               
【慶 大】
(三) 上田 4 2 0 0 0 0
打中 関山 1 0 0 1 0 0
(二) 宮尾 2 2 1 0 2 0
青木 1 0 0 0 0 0
(左) 山本晃 4 1 1 2 0 0
石川 0 0 0 0 0 0
(指) 小川 4 2 1 0 0 0
(右) 萩尾 2 0 1 0 1 0
(一) 綿引 3 1 1 1 1 1
(遊) 古川 2 2 2 0 0 2
代打 岩城 1 0 0 0 0 0
朝日 1 0 0 0 0 0
(捕) 中澤 3 1 0 0 0 0
代打 片岡 1 0 0 0 0 0
米倉 0 0 0 0 0 0
(中) 新美 2 0 1 0 0 0
打三 尾畑 1 0 0 1 0 0
32 11 8 5 4 3

 

【東 大】 球数
柳川 1 33 8 2 1 2 0
大久保 3 2/3 60 23 8 2 2 2
西山 1 1/3 26 7 1 2 0 0
6 119 38 11 5 4 2
               
【慶 大】 球数
小菅 3 50 16 5 2 1 2
中原 1 14 5 1 0 1 0
長谷川 2 24 7 0 3 1 0
宮野 1 24 4 0 1 1 0
7 112 32 6 6 4 2

 

▽本塁打
▽三塁打 
▽二塁打 宮﨑 古川 山本晃 小川 綿引
▽三振 東6  慶5
▽四球 東4  慶4
▽犠打 東2  慶2
▽盗塁 東1  慶1
▽失策 東6  慶3
▽併殺 東0  慶2
ページの先頭へ戻る