新着情報

ホーム > 戦評 > 令和元年度秋季フレッシュトーナメント 立教大学戦の結果

新着情報

令和元年度秋季フレッシュトーナメント 立教大学戦の結果

2019年11月05日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 立教大 0 0 0 0 1 0 0 1 0 2
 慶應義塾 0 0 0 0 0 2 0 2 x 4

 

中盤に逆転、リード守りきり接戦を制す

ブロック戦1位通過に向け、絶対に落とせない、フレッシュトーナメント対立大戦。

大事な初戦の先発マウンドには、1年生右腕・小林。

初回、二死から四球を与えるも、後を右飛に抑え、上々の立ち上がりを見せる。

その後は、両者ともに出塁するものの、後が続かず、得点には至らない。

試合が動いたのは5回表、四球と内野安打などで一死一、三塁とされると、適時打を放たれ1点を先制される。

追いつきたい打線は6回裏、上田の二塁打や山本晃の四球などで無死満塁の好機を作ると、萩尾が左への犠飛を放ち、同点とする。なおも一死一、三塁から続く綿引も犠飛を放ち、逆転に成功する。

しかし8回表、四死球などで二死満塁の窮地を招くと、暴投の間に1点を返され、試合は再び振り出しに戻る。

直後の裏、先頭・上田がこの日3安打目を左方向へ放つなど、一死二塁とすると、山本晃が適時三塁打を放ち、1点を勝ち越す。さらに一死一、三塁から野選の間に1点を追加し2点差をつける。

9回表、二死から四球を許すも、後を右飛に打ち取り、4-2で勝利した。

初戦に勝利し、優勝に向け良いスタートをきることができた。

次戦の東京大学戦にも勝利し、決勝に進めるよう、戦っていきたい。

(2年・マネージャー I.M)

 

4打数3安打の活躍を見せた上田
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【慶 大】
(三) 上田 4 3 0 0 0 0
(指) 朝日 3 0 0 1 0 0
(左) 山本晃 3 2 1 0 1 0
(右) 萩尾 2 0 1 1 1 0
(一) 綿引 3 0 2 1 0 0
(遊) 宮尾 4 1 0 0 0 0
(捕) 中澤 2 0 0 0 1 0
(二) 矢澤 3 0 0 2 0 0
(中) 新美 3 0 0 0 0 0
27 6 4 5 3 0
               
【立 大】
(中) 金川 5 0 0 1 0 0
(左) 田中大 5 1 1 2 0 0
(一) 柴田 2 0 0 1 3 0
(捕) 片山 2 0 0 1 2 0
代走 諸藤 0 0 0 0 0 0
黒岩陽 1 0 0 0 0 0
(二) 吉岡 2 1 0 0 1 0
(指) 熊澤 2 0 0 1 0 0
打指 小野翔 1 0 0 0 0 0
(三) 稲葉 3 0 0 1 1 0
(右) 道原 2 1 0 0 2 0
(遊) 寺嶋 4 1 0 1 0 1
29 4 1 8 9 1

 

【慶 大】 球数
小林 5 90 22 3 4 4 1
長谷川 1 29 5 1 1 1 0
渡部淳 1 10 3 0 1 0 0
丸谷 2 38 10 0 2 4 1
9 167 40 4 8 9 2
               
【立 大】 球数
川端 5 73 18 3 4 1 0
荘司 0 1/3 19 4 1 0 1 2
栗尾 2 26 8 2 1 0 2
佐山 0 2/3 12 3 0 0 1 0
8 130 33 6 5 3 4

 

▽本塁打 
▽三塁打 山本晃
▽二塁打 上田
▽三振 慶5  立8
▽四球 慶3  立9
▽犠打 慶3  立2
▽盗塁 慶1  立2
▽失策 慶0  立1
▽併殺 慶0  立2
ページの先頭へ戻る