新着情報

ホーム > 戦評 > 令和元年度秋季リーグ戦 対明治大学二回戦の結果

新着情報

令和元年度秋季リーグ戦 対明治大学二回戦の結果

2019年10月20日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 明治大 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
 慶應義塾 0 0 0 0 1 0 0 0 1x 2

 

劇的サヨナラ勝利で勝ち点4

昨春の雪辱を晴らすまであと1勝に迫り、迎えるは大学No.1投手の森下。
森下擁する明治大学に勝利したうえでの優勝を目指してきたため、絶対に負けられない、対明大二回戦。

慶大の先発は、ここまで防御率0.00の成績を残している森田晃。

初回、一死から安打を許すも小原の好守が光り、後を併殺打に打ち取る。

その裏、今季打率4割越えの期待の1年生・下山が左前二塁打を放つなど好機を作るも、森下の150km/hを超える速球を前になかなか打線が繋がらず、試合は両投手による投げ合いが展開される。

均衡が破られたのは、4回表。味方の失策で得点圏に走者を進められると、一死二塁から適時打を放たれ、先制を許す。

追いつきたい打線は、5回裏、先頭・瀬戸西の死球と続く森田晃の犠打などで二死二塁とすると、下山が右中間への適時二塁打を放ち、試合を振り出しに戻す。

その後も両先発が力投を続け、試合は8回まで頓着状態が続く。

同点のまま迎えた9回裏、二死から小原が左翼線に二塁打を放ち、サヨナラの走者を出す。 続く瀬戸西が申告敬遠され、一、二塁。打席には、代打・橋本典。

2ボール2ストライクと追い込まれるも、6球目を振りぬくと打球は中堅の頭を越えてサヨナラ打となり、試合終了。2-1で勝利し、開幕8連勝で勝ち点4とした。これで優勝は慶大と法大に絞られた。

残るは、リーグ戦を締めくくる伝統の一戦、華の早慶戦のみとなった。
完全優勝まであと一歩ではあるが、目の前の一戦一戦に全力で臨むことに変わりはない。
宿敵・早稲田大学に勝利し完全優勝を果たすべく、しっかりと準備していきたい。

 (4年・マネージャー・H.M)

 


値千金のサヨナラ打を放った橋本典
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【明 大】
(中) 陶山 3 1 0 0 0 0
中村 1 0 0 1 0 0
(遊) 添田 4 1 0 1 0 0
(三) 北本 3 1 1 0 1 0
(一) 喜多 4 0 0 2 0 0
(左) 和田 3 0 0 1 0 0
(投) 森下 3 1 0 0 0 0
(右) 原田 3 0 0 2 0 0
(二) 清水頌 2 0 0 1 0 0
(捕) 西野 3 0 0 0 0 0
29 4 1 8 1 0
               
【慶 大】
(右) 中村健 4 0 0 1 0 0
(三) 下山 4 2 1 1 0 0
(中)左 柳町 4 0 0 2 0 0
(捕) 郡司 3 1 0 1 1 1
(左) 正木 3 0 0 2 0 0
嶋田 1 0 0 1 0 0
(一) 福井 2 1 0 1 1 0
走中 渡部遼 1 0 0 0 0 0
(二) 小原 4 1 0 0 0 0
(遊) 瀬戸西 2 0 0 2 2 0
(投) 森田晃 2 0 0 0 0 0
増居 0 0 0 0 0 0
石井 0 0 0 0 0 0
代打 橋本典 1 1 1 0 0 0
31 6 2 11 4 1

 

【明 大】 球数
森下 8 2/3 159 36 6 11 4 2
8 2/3 159 36 6 11 4 2
               
【慶 大】 球数
森田晃 8 1/3 92 28 4 7 0 0
増居  1/3 5 1 0 0 0 0
石井  1/3 5 2 0 1 1 0
9 102 31 4 8 1 0

 

▽本塁打
▽三塁打 
▽二塁打 下山2、小原、橋本典
▽三振 明8  慶11
▽四球 明1  慶4
▽犠打 明1  慶1
▽盗塁 明0  慶1
▽失策 明0  慶1
▽併殺 明0  慶1
ページの先頭へ戻る