新着情報

ホーム > 戦評 > 令和元年度秋季リーグ戦 対法政大学一回戦の結果

新着情報

令和元年度秋季リーグ戦 対法政大学一回戦の結果

2019年10月14日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 法政大 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
 慶應義塾 0 1 0 0 0 0 0 2 x 3

 

終盤に勝ち越し、天王山の初戦を制す

台風19号の影響で2日遅れの開催となった今カードは、ここまで6連勝中の法政大学との無敗同士の対決となった。勝ち点を落とすと優勝が大きく遠のくだけに絶対に負けられない、対法大一回戦。

2回表、2本の安打などで二死一、三塁とされると、暴投の間に1点を先制される。

しかしその裏、郡司と嶋田が四球を選ぶなど二死一、二塁とすると、瀬戸西が右前への適時打を放って同点とし、試合の流れを渡さない。

その後は両校ともに度々得点圏に走者を置くも、どちらも譲らず同点のまま試合は終盤を迎える。

試合が動いたのは8回裏、先頭の下山が中前安打を放つなど二死二、三塁の好機を作ると、小原の左翼への適時二塁打で2点の勝ち越しに成功し、そのまま3-1で勝利した。

髙橋佑と津留﨑の好投や、要所での小原や瀬戸西の好守で強力法政打線を1失点に抑え、大事な初戦で白星を収めた。

明日もチーム一丸で勝利を掴み、連勝で優勝を手繰り寄せたい。

 (2年マネージャー・O.M)

 
勝ち越しの適時二塁打を放った小原
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【法 大】
(右) 宇草 4 0 0 2 0 0
(一) 安本 3 0 0 3 0 0
鈴木 0 0 0 0 0 0
代打 札葉 1 0 0 0 0 0
内沢 0 0 0 0 0 0
(遊) 福田 4 2 0 2 0 0
(捕) 伊藤 3 0 0 0 0 0
(左) 毛利 4 1 0 0 0 0
(二) 相馬 3 1 0 0 0 0
(中) 舩曳 3 1 0 1 0 0
(三) 佐藤勇 2 0 0 2 0 0
(投) 朝山 1 0 0 1 0 0
代打 小池 1 0 0 0 0 0
中村迅 0 0 0 0 1 0
29 5 0 11 1 0
               
【慶 大】
(中)左 柳町 4 0 0 1 0 0
(三) 下山 4 2 0 0 0 0
(左) 正木 2 0 0 1 1 0
打中 渡部遼 1 0 0 0 0 0
(捕) 郡司 2 0 0 0 2 0
(右) 中村健 3 1 0 1 0 0
(二) 小原 3 1 2 0 1 0
(一) 嶋田 3 0 0 2 1 0
(遊) 瀬戸西 3 1 1 0 0 0
(投) 髙橋佑 2 0 0 1 0 0
代打 水久保 1 0 0 0 0 0
津留﨑 0 0 0 0 0 0
28 5 3 6 5 0

 

 

【法 大】 球数
朝山 5 75 19 2 3 2 1
鈴木 2 32 9 1 2 2 0
内沢 1 20 6 2 1 1 2
8 127 34 5 6 5 3
               
【慶 大】 球数
髙橋佑 7 95 24 5 9 0 1
津留﨑 2 28 8 0 2 1 0
9 123 32 5 11 1 1

 

▽本塁打 
▽三塁打 
▽二塁打 中村健、小原
▽三振 法11  慶6
▽四球 法1  慶5
▽犠打 法2  慶1
▽盗塁 法0  慶0
▽失策 法0  慶0
▽併殺 法0  慶1
ページの先頭へ戻る