新着情報

ホーム > 戦評 > 2019年度フレッシュリーグ 対法政大学戦の結果

新着情報

2019年度フレッシュリーグ 対法政大学戦の結果

2019年06月06日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 慶應義塾 3 1 0 0 1 0 0 0 2 7
 法政大 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1

 

着実に得点を積み重ね快勝

明大戦で引き分けた悔しさを晴らしたい、フレッシュリーグ対法大戦。

初回、敵失と四球で無死満塁とすると、2つの押し出しと朝日の犠飛で、3点を先制する。

さらに2回表、橋本典の右前安打などで一死一、三塁とすると、内野ゴロの間に1点を追加する。

しかしその裏、内野安打などで無死一、三塁とされ、内野ゴロの間に1点を返される。

5回表、先頭の萩尾が左前安打で出塁すると、続く山本晃の右中間への二塁打の間に、一塁走者が一気に生還し、追加点を挙げる。

攻撃の手を緩めない塾打線は9回表、先頭の代打・青木が内野安打で出塁すると、続く山本晃が適時三塁打を放つ。なおも一死三塁から、代打・岩城が中前へ適時打を放ち、この回ダメ押しとなる2点を追加する。

投げては森田晃・生井・丸谷が相手打線を4安打に抑え、7-1で勝利した。

2019年度フレッシュリーグを、弊部は3勝1敗1分で終えた。
大会規定により、4勝以上が優勝の条件のため、優勝は預かりとなったが、明大と並んで首位という結果を残した。

試合を重ねるごとにチームに一体感が生まれ、慶應らしさを存分に発揮した。
秋のフレッシュトーナメントでは、全勝での優勝に期待したい。

(2年・マネージャー O.M)

 

2打点を挙げた山本晃
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【慶 大】
(三) 上田 5 2 0 1 0 0
(右) 橋本典 3 2 0 0 2 0
(一) 綿引 4 0 1 0 1 0
(指) 萩尾 2 1 1 0 1 0
打指 関山 1 0 0 1 0 0
打二 青木 1 1 0 0 0 0
(左) 山本晃 4 2 3 1 1 0
(遊) 朝日 3 0 1 2 1 0
(捕) 中澤 4 0 0 1 0 0
代打 岩城 1 1 1 0 0 0
米倉 0 0 0 0 0 0
(二) 矢澤 4 1 0 1 0 0
代打 片岡 1 0 0 0 0 0
丸谷 0 0 0 0 0 0
(中) 新美 2 0 0 0 2 0
35 10 7 7 8 0
               
【法 大】
(二) 齊藤大 4 1 0 0 0 0
(遊) 中原 4 0 0 1 0 0
(中) 神野 2 0 0 2 0 0
打右 田中悠 1 0 0 0 0 0
代打 津田 1 0 0 1 0 0
(三)一 野尻 3 2 0 1 1 2
(捕) 後藤 3 0 0 0 1 0
(右)中 岡田悠 3 0 1 1 0 0
(一) 松田 1 0 0 1 0 0
海﨑 2 1 0 0 0 0
(指) 諸橋 1 0 0 1 0 0
打指 大本 1 0 0 0 0 0
打指 大柿 1 0 0 0 0 0
(左) 中村泰 2 0 0 0 0 0
代打 樺嶋 1 0 0 0 0 0
宮﨑秀 0 0 0 0 0 0
30 4 1 8 2 2

 

【慶 大】 球数
森田晃 6 81 22 3 5 2 1
生井 2 24 6 0 1 0 0
丸谷 1 15 4 1 2 0 0
9 120 32 4 8 2 1
               
【法 大】 球数
益川 0 0/3 25 5 0 0 4 2
扇谷 4 0/3 69 19 5 3 2 2
小山 3 40 10 1 2 1 0
杉山 1 1/3 38 8 3 2 1 2
石田 0 2/3 19 3 1 0 0 0
9 191 45 10 7 8 6

 

▽本塁打 
▽三塁打 山本晃
▽二塁打 山本晃、橋本典
▽三振 慶7  法8
▽四球 慶8  法2
▽犠打 慶2  法0
▽盗塁 慶1  法1
▽失策 慶0  法2
▽併殺 慶0  法2
ページの先頭へ戻る