新着情報

ホーム > 戦評 > 2019年度フレッシュリーグ 対明治大学戦の結果

新着情報

2019年度フレッシュリーグ 対明治大学戦の結果

2019年06月04日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 明治大 0 0 1 0 5 0 0 0 0 6
 慶應義塾 0 0 0 2 0 0 4 0 0 6

 ※連盟規定により9回打ち切り

 

終盤同点に追いつくも、あと一打が出ず、引き分け

勝利し、優勝に望みを繋げたい、フレッシュリーグ対明大戦。

試合は3回表、先頭に三塁打を許すと、続く打者の内野安打の間に1点を先制される。

追いつきたい打線は4回裏、先頭の橋本典が右への二塁打で出塁すると、続く綿引が適時三塁打を放ち、同点とする。さらに捕逸の間に1点を追加し、逆転に成功する。

しかし直後の5回表、一死満塁から押し出しで同点とされると、続く打者に本塁打を浴び、再びリードを許す。

それでも7回裏、先頭の朝日が内野安打を放ち、続く矢澤が四球を選ぶと、新美も右前安打で繋ぎ、無死満塁の好機を作る。上田の内野ゴロの間に1点を返すと、さらに橋本典の左への当たりが犠飛となり、2点差に詰め寄る。なおも二死一、三塁の好機で、打席にはリーグ戦経験も豊富な大砲・若林。右翼手の頭上を越える適時二塁打で2点を返し、試合を振り出しに戻す。

同点のまま迎えた9回裏、橋本典の二塁打などで二死満塁と一打サヨナラの好機を作る。打席には、代打・岩城。内野安打かと思われる打球だったが、判定はアウトとなり試合終了。最終回、あと一打が出ず、引き分けに終わった。

悔しさが残る試合となったが、フレッシュリーグ最終戦となる法政大学戦では勝利し、良い形でフレッシュリーグを締めくくりたい。

(2年・マネージャー I.M)

 

同点の適時二塁打を放った若林
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【明 大】
(左) 陶山 4 2 0 1 1 0
(二) 村松 4 2 0 0 0 0
(中) 中村 3 0 1 1 1 0
(指) 上田 4 1 4 2 0 0
(一) 天野 3 2 0 1 0 0
代打 大橋 1 0 0 0 0 0
北原 0 0 0 0 0 0
(遊)三 山田陸 4 0 0 1 0 0
(右) 宮田 2 0 0 0 0 0
大髙 2 0 0 1 0 0
(捕) 戸部 3 1 0 2 1 0
(三) 山田智 2 0 1 1 0 0
打遊一 大池 2 0 0 1 0 0
34 8 6 11 3 0
               
【慶 大】
(三) 上田 5 1 1 2 0 0
(左) 橋本典 4 2 1 0 0 0
(一) 綿引 4 2 1 1 1 0
(右) 若林 4 1 2 2 1 0
代走 関山 0 0 0 0 0 0
(指) 片岡 2 0 0 2 0 0
打指 文元 1 0 0 0 1 0
代打 岩城 1 0 0 0 0 0
(捕) 中澤 3 1 0 1 0 0
代打 石川 1 0 0 1 0 0
米倉 0 0 0 0 0 0
(遊) 朝日 4 2 0 1 0 0
(二) 矢澤 3 1 0 1 1 0
(中) 新美 4 2 0 2 0 0
36 12 5 13 4 0

 

【明 大】 球数
髙橋 5 83 20 7 9 0 2
宮内 1 2/3 52 11 4 1 2 4
西城 1 1/3 15 4 0 1 0 0
渡部 1 25 6 1 2 2 0
9 175 41 12 13 4 6
               
【慶 大】 球数
小菅 4 0/3 55 17 5 2 1 2
松本 3 59 14 3 6 2 4
丸谷 2 24 6 0 3 0 0
9 138 37 8 11 3 6

 

▽本塁打 上田(明)
▽三塁打 綿引、戸部
▽二塁打 橋本典2、若林、天野
▽三振 明11  慶13
▽四球 明3  慶4
▽犠打 明0  慶1
▽盗塁 明2  慶0
▽失策 明0  慶0
▽併殺 明1  慶1
ページの先頭へ戻る