新着情報

ホーム > 戦評 > 2019年度春季リーグ戦 対明治大学一回戦の結果

新着情報

2019年度春季リーグ戦 対明治大学一回戦の結果

2019年05月18日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 明治大 2 0 0 0 0 0 2 0 1 5
 慶應義塾 0 0 0 0 0 0 1 1 0 2

 

打線繋がらず、天王山初戦に黒星を喫する

同率首位で並ぶ慶明両校がぶつかり合う今カード。勝ち点を挙げた方が、優勝に大きく近付く。まずは初戦に勝利して勢いに乗りたい、対明大一回戦。

初回、無失点で切り抜けたいところだが、連打で一死二、三塁とされると、適時二塁打を浴び2点を先制される。

すぐに反撃したい塾野球部だが、明大エース・森下を前に6回まで無得点に抑えられる。

すると7回表、再び明大打線に捕まる。先頭に二塁打を浴びるなど、一死一、三塁の窮地を招くと、犠飛と適時二塁打で2点を追加される。

しかしその裏、先頭・嶋田の二塁打などで二死三塁の好機を作ると、代打・下山の適時二塁打で1点を返す。

8回裏には、郡司の今季初となるソロ本塁打が飛び出すも、9回表にまたも1点を失い、迎えた最終回。先頭の田中凌がしぶとく四球を選ぶと、続く水久保もリーグ戦初安打を放つなど、二死一、二塁と一打同点の好機を作る。ここで打席には、4年生の意地を見せたい代打・山崎。初球を振りぬくと打球はライト方向へ大きく上がった。しかし惜しくもフェンスには一歩届かず、2-5で敗戦した。

この敗戦で、明日は絶対に負けられない一戦となった。必ず勝利し、第三戦に繋げたい。

 (3年・マネージャー I.C)

 

リーグ戦初打点となる適時二塁打を放った下山
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

 

【明 大】
(遊) 添田 4 2 0 0 1 0
(中) 丸山 3 2 1 0 0 0
(右) 内山 5 2 2 1 0 0
(三) 北本 3 2 2 0 2 0
(一) 喜多 3 0 0 0 1 0
(左) 和田 3 0 0 0 1 0
渡邉 0 0 0 0 0 0
(投) 森下 3 0 0 0 0 0
(捕) 西野 4 1 0 1 0 0
(二) 清水頌 2 0 0 0 1 0
30 9 5 2 6 0
               
【慶 大】
(三) 柳町 4 0 0 1 1 0
(中) 渡部遼 3 1 0 1 0 0
代打 若林 1 0 0 1 0 0
増居 0 0 0 0 0 0
代打 山崎 1 0 0 0 0 0
(右) 中村 4 1 0 2 0 0
(捕) 郡司 4 2 1 1 0 0
(左) 正木 3 0 0 0 1 0
橋本典 0 0 0 0 0 0
(一) 嶋田 4 1 0 2 0 0
(二) 小原 3 0 0 1 0 0
代打 田中凌 0 0 0 0 1 0
(遊) 瀬戸西 2 0 0 0 0 0
代打 福井 1 0 0 0 0 0
水久保 1 1 0 0 0 0
(投) 髙橋佑 2 1 0 0 0 0
津留﨑 0 0 0 0 0 0
打遊 下山 2 1 1 0 0 0
35 8 2 9 3 0

 

【明 大】 球数
森下 9 141 38 8 9 3 2
9 141 38 8 9 3 2
               
【慶 大】 球数
髙橋佑 6 2/3 87 30 7 2 4 4
津留﨑 0 1/3 3 1 0 0 0 0
増居 2 40 10 2 0 2 1
9 130 41 9 2 6 5

 

 

▽本塁打 郡司
▽三塁打 内山
▽二塁打 丸山、北本、西野、内山、嶋田、下山
▽三振 明2  慶9
▽四球 明6  慶3
▽犠打 明5  慶0
▽盗塁 明0  慶1
▽失策 明0  慶0
▽併殺 明0  慶2

 

ページの先頭へ戻る