新着情報

ホーム > 戦評 > 平成30年度秋季フレッシュトーナメント 対立教大学戦の結果

新着情報

平成30年度秋季フレッシュトーナメント 対立教大学戦の結果

2018年11月02日

  1 2 3 4 5 6
 立教大 0 0 1 0 0 2 3
 慶應義塾 2 0 0 0 1 0 3

※連盟規定により6回打ち切り 

 

最終回に同点弾を浴び引き分け 立大と同率3位に終わる

勝利し有終の美を飾りたい、3位決定戦・対立大戦。

初回、橋本典、藤元、福井の三連打で幸先よく1点を奪うと、さらに二死二、三塁から水久保が適時打を放ち、この回2点の先制に成功する。

しかし3回表、二死から二塁打を許すと、適時打で1点を返される。

突き放したい打線は5回裏、先頭の鶴岡が左前安打を放ち、犠打で進塁すると、続く植田響の適時打で1点を追加する。

直後の6回表、ここまで5回1失点と好投を続ける先発の松本は、この回も二死一塁と相手を追い詰める。連盟規定により、2時間を超えて新しいイニングに入らないため、この回が最終回となる。2ストライクに追い込み、勝利を掴んだかと思われた次の瞬間、大きく上がった打球は、無情にもレフトスタンドに吸い込まれる。痛恨の同点弾で試合を振り出しに戻された。

その裏、何とか得点を奪いたい塾野球部だが、継投した相手投手の前に三者凡退に倒れ試合終了。3-3で引き分けた。

塾野球部は平成30年度秋季フレッシュトーナメントにおいて3位という結果に終わった。
最終戦では、勝利まであと1球の所まで追い込みながらも勝ち切れず、勝つことの厳しさを痛感した試合となった。
この経験を活かし、来年こそは、リーグ戦・新人戦ともに優勝を果たすことができるよう、部員一同精進していきたい。

(2年・マネージャー I.C)

 

フレッシュトーナメントでキャプテンを務めた水久保
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【立 大】
(左) 金川 2 0 0 1 0 0
打左 髙橋龍 2 1 0 0 0 0
(中) 荒井 2 0 0 0 1 0
(右) 太田英 3 1 0 0 0 0
(指) 廣田龍 2 2 1 0 1 0
(三) 敷名 3 0 0 1 0 0
(一) 林中 3 0 0 1 0 0
(遊) 3 2 2 0 0 0
(捕) 村山直 1 0 0 0 1 0
代打 小澤 1 1 0 0 0 0
代走 寺嶋 0 0 0 0 0 0
竹葉 0 0 0 0 0 0
(二) 冨永 2 0 0 0 0 0
代打 小松田 0 0 0 0 1 0
伊藤智 0 0 0 0 0 0
24 7 3 3 4 0
               
【慶 大】
(右) 橋本典 4 1 0 1 0 0
(指) 藤元 4 1 0 1 0 0
(三) 福井 3 2 1 0 1 0
(左) 若林 3 0 0 2 0 0
(一) 鶴岡 3 2 0 1 0 0
代走 新美 0 0 0 0 0 0
綿引 0 0 0 0 0 0
(中) 水久保 2 1 1 1 0 0
(捕) 植田響 3 1 1 1 0 0
(二) 矢澤 2 1 0 0 0 0
代打 保科 1 1 0 0 0 0
谷口 0 0 0 0 0 0
(遊) 角谷 3 2 0 0 0 0
28 12 3 7 1 0

 

【立 大】 球数
川満 0 0/3 9 3 3 0 0 2
千田 3 1/3 57 16 6 5 0 0
小幡 1 2/3 24 8 3 2 1 1
比屋根 1 11 3 0 0 0 0
6 101 30 12 7 1 3
               
【慶 大】 球数
松本 5 2/3 106 26 7 3 3 3
井上怜 0 1/3 7 2 0 0 1 0
6 113 28 7 3 4 3

 

▽本塁打 宮
▽三塁打 
▽二塁打 太田英、橋本典、福井2
▽三振 立3  慶7
▽四球 立4  慶1
▽犠打 立0  慶1
▽盗塁 立2  慶0
▽失策 立0  慶0
▽併殺 立1  慶0
ページの先頭へ戻る