新着情報

ホーム > 戦評 > 平成30年度秋季フレッシュトーナメント 対法政大学戦の結果

新着情報

平成30年度秋季フレッシュトーナメント 対法政大学戦の結果

2018年11月01日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 慶應義塾 1 0 0 3 3 0 3 1 0 11
 法政大 1 3 0 0 1 0 0 0 1 6

 

打撃戦を制し、3位決定戦へ

フレッシュトーナメント初白星を挙げたい、対法大戦。

初回、保科の内野安打などで二死一塁とすると、若林の右中間を破る適時二塁打で1点を先制する。

しかしその裏、先頭に死球を与え、盗塁などで走者を三塁に進められると、犠飛で同点に追いつかれる。

2回裏には、二死一、三塁から本塁打を浴び、3点のリードを奪われる。

追いつきたい打線は4回表、若林の四球、水久保の二塁打などで二死二、三塁の好機を作ると、続く植田響が適時二塁打を放ち2点を返す。その後、敵失の間にも1点を奪い、再び試合を振り出しに戻す。

さらに5回表、一死一、二塁の好機を作ると、鶴岡がライトスタンドへ本塁打を放ち、3点の勝ち越しに成功する。

その裏に1点を返されるも、打線の勢いは止まらず7回表、藤元・福井の連打などで無死一、三塁とすると、続く若林が適時二塁打を放つなどこの回計3点を追加し、相手を突き放す。

8回表にも若林の適時打で1点を追加し、迎えた9回裏、無死一、二塁から適時打で1点を返されるも、後続を二ゴロ・二飛・遊ゴロに打ち取り、11-6で勝利した。

今日の勢いのまま明日の順位決定戦も制し、3位に食い込みたい。

(1年・マネージャー I.M)

 

4打数4安打3打点の活躍を見せた若林

4打数4安打3打点の活躍を見せた若林
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【慶 大】
(右) 橋本典 5 1 0 0 0 0
(指) 保科 2 1 0 0 0 0
打指 藤元 2 1 0 0 1 0
(三) 福井 5 1 0 0 0 0
(左) 若林 4 4 3 0 1 0
(一) 鶴岡 5 1 3 2 0 0
綿引 0 0 0 0 0 0
(中) 水久保 5 1 0 1 0 0
(捕) 植田響 4 1 2 2 1 0
(二) 矢澤 3 0 0 1 0 0
代打 堀内 1 0 0 0 0 0
谷口 0 0 0 0 0 0
代打 松田 1 0 0 1 0 0
田口巧 0 0 0 0 0 0
(遊) 角谷 3 0 0 1 1 0
40 11 8 8 4 0
               
【法 大】
(左) 杉村 1 0 0 0 2 1
神野 1 0 0 1 1 0
代打 永岡 1 1 1 0 0 0
(二) 永廣 3 1 1 1 0 0
打二 中原 2 1 0 0 0 0
(右) 諸橋 3 3 3 0 2 0
平柳 1 0 0 0 0 0
(一) 羽根 2 1 0 0 4 1
(指) 村田 3 1 0 1 0 0
打指 杉浦 2 0 0 1 0 0
(遊) 佐藤勇 5 1 0 1 0 0
大山 0 0 0 0 0 0
(三) 中村迅 2 0 0 1 1 0
代打 小谷 1 0 0 0 0 0
宮本隆 1 0 0 1 0 0
(捕) 渡邉 4 1 0 1 0 0
代打 小池 0 0 0 0 1 0
(中) 片瀬 2 2 1 0 1 0
代打 岡田悠 0 0 0 0 1 0
34 12 6 8 13 2

 

【慶 大】 球数
杉原 2 45 13 3 2 5 4
井上怜 3 47 16 5 1 3 1
松本 3 56 14 3 5 3 0
関谷 1 36 6 1 0 2 1
9 184 49 12 8 13 6
               
【法 大】 球数
柏野 3 2/3 59 18 4 2 2 3
平元 0 2/3 17 5 2 0 1 3
古屋敷 1 2/3 32 8 3 2 0 1
落合 2 44 10 2 2 1 1
川合 1 19 3 0 2 0 0
9 171 44 11 8 4 8

 

▽本塁打 鶴岡、諸橋
▽三塁打 
▽二塁打 若林2、水久保、植田響、諸橋、片瀬、羽根
▽三振 慶8  法8
▽四球 慶4  法13
▽犠打 慶0  法2
▽盗塁 慶0  法1
▽失策 慶0  法2
▽併殺 慶0  法0
ページの先頭へ戻る