新着情報

ホーム > 戦評 > 平成30年度秋季フレッシュトーナメント 対明治大学戦の結果

新着情報

平成30年度秋季フレッシュトーナメント 対明治大学戦の結果

2018年10月30日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 明治大 3 0 1 0 2 2 0 0 0 8
 慶應義塾 0 1 0 1 0 0 0 0 3 5

 

最終回に粘りを見せるも、守備でのミスが響き敗戦

春季フレッシュリーグ最下位の雪辱を果たすべく臨んだ、フレッシュトーナメント初戦・対明大戦。

大事な先発を任されたのは、今季リーグ戦2試合で先発し、白星も挙げている森田晃。しかし初回、自慢のコントロールに精彩を欠き、3点の先制を許す。

反撃したい打線は2回裏、福井がライトへソロ本塁打を放ち、1点を奪う。

しかし直後の3回表、ソロ本塁打を浴び、再び3点を追う展開となる。

4回裏、一死一、三塁から内野ゴロの間に1点を返すも、5、6回合わせて5つの失策が響き、計4点を献上。なかなか追いつくことができない。

それでも9回裏、後がない打線が粘りを見せる。先頭・植田響の四球と代打・松田の二塁打で無死二、三塁の好機を作ると、代打・小川の内野ゴロの間に1点を返す。なおも一死二塁の場面で打席には橋本典。勢い良く振り抜いた打球はライトスタンドへ吸い込まれ、3点差に迫る。しかし後続が倒れ、5-8で敗戦した。

守備の乱れで流れを掴みきれず、悔しい敗戦となった。
次戦の対法政大学戦では何としても勝利し、少しでも上位に食い込みたい。

(1年・マネージャー O.M)

 

9回裏、土壇場で2点本塁打を放った橋本典
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【明 大】
(中) 丸山 5 1 0 2 0 0
打中 市岡 1 0 0 1 0 0
(二) 鈴木 3 1 0 2 2 0
小原 0 0 0 0 0 0
(遊) 藤原 5 1 0 1 0 0
清水海 0 0 0 0 0 0
(一) 公家 4 1 2 1 0 0
(捕) 植田 1 1 2 0 2 0
打捕 戸部 0 0 0 0 1 0
(右) 松下 4 2 1 2 1 0
(指) 田村 4 1 1 0 0 0
打指 五十嵐 1 0 0 0 0 0
(左) 長原 3 1 0 0 1 0
代打 宮田 1 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0
(三) 北原 2 0 0 0 1 0
代打 小林 1 0 0 0 0 0
吉村 1 0 0 0 0 0
36 9 6 9 8 0
               
【慶 大】
(右) 橋本典 5 2 2 0 0 0
(中) 水久保 2 0 0 0 1 1
代打 保科 0 0 0 0 1 0
走中 新美 1 0 0 0 0 0
(指) 藤元 3 0 0 1 0 0
打指 山本賢 2 0 0 1 0 0
(左) 若林 4 1 0 1 0 0
(三) 福井 4 1 1 1 0 1
(一) 鶴岡 4 2 0 0 0 1
(捕) 植田響 2 0 0 0 2 2
代走 谷口 0 0 0 0 0 0
(二) 矢澤 3 2 1 0 0 0
代打 松田 1 1 0 0 0 0
(遊) 角谷 3 0 0 1 0 1
代打 小川 1 0 1 0 0 0
35 9 5 5 4 6

 

【明 大】 球数
中山 6 91 26 7 3 2 1
西城 2 28 7 0 1 1 0
金光 0 1/3 12 4 2 0 1 3
大竹 0 2/3 7 2 0 1 0 0
9 138 39 9 5 4 4
               
【慶 大】 球数
森田晃 4 2/3 76 25 7 5 3 4
井上怜 0 1/3 3 1 0 0 0 0
関谷 0 2/3 31 7 0 0 4 0
松本 3 1/3 55 13 2 4 1 0
9 165 46 9 9 8 4 

 

▽本塁打 植田、福井、橋本典
▽三塁打 
▽二塁打 田村、松田
▽三振 明9  慶5
▽四球 明8  慶4
▽犠打 明2  慶0
▽盗塁 明0  慶1
▽失策 明0  慶6
▽併殺 明1  慶2

 

ページの先頭へ戻る