新着情報

ホーム > 戦評 > 平成30年度秋季リーグ戦 対早稲田大学一回戦の結果

新着情報

平成30年度秋季リーグ戦 対早稲田大学一回戦の結果

2018年10月27日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 早稲田大 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
 慶應義塾 0 0 0 0 0 2 1 0 x 3

 

投打噛み合い先勝 リーグ戦三連覇に王手

第7週を終えて、優勝争いは慶應・法政・早稲田の3校に絞られた。
塾野球部優勝のためには、宿敵・早稲田から勝ち点を挙げることが絶対条件である。
両校の意地がぶつかり合う、対早大一回戦。

慶大の先発は、今季すでに5勝と絶好調の左腕・髙橋佑。
5回表には、三者連続三振に切って取るなど好投を見せ、スコアボードに0を刻む。

援護したい打線は、度々得点圏に走者を進めるものの、先日ドラフト指名を受けた早大エース・小島の力投の前に、なかなか得点を奪うことができない。

試合が動いたのは6回裏、先頭の柳町が中越え二塁打を放ち、郡司の四球と小原の左前安打で無死満塁の好機を作ると、続く内田が四球を選び、押し出しで1点を挙げる。さらに無死満塁から嶋田が三遊間を破る適時打を放ち、この回2点の先取に成功した。

7回裏にも、小原の適時二塁打で1点を追加し、迎えた最終回。このまま逃げ切りたいところだが、一死一、三塁から適時打で1点を返される。しかし、続く打者を中飛に打ち取ると、三遊間を抜けるかに思われた打球を遊撃手・瀬戸西が好捕し、試合終了。3-1で勝利した。
投げては、髙橋佑が今季3度目となる完投勝利を挙げた。

今季塾野球部は、3カード連続で2戦目に黒星を喫している。 明日こそは勝利し、連勝で三連覇を達成できるよう、部員一丸となって戦っていきたい。

(2年・マネージャー I.C)

 

1027早稲田①4打数3安打の活躍で、勝利に貢献した柳町

4打数3安打の活躍で、勝利に貢献した柳町
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【早 大】
(一) 福岡 4 0 0 2 0 0
(二) 西岡 4 0 0 0 0 0
(遊) 檜村 4 2 0 1 0 0
代走 真中 0 0 0 0 0 0
(右) 加藤 4 1 0 0 0 0
(捕) 岸本 3 2 0 0 0 0
代走 山野 0 0 0 0 0 0
(左) 瀧澤 2 0 0 0 0 0
打左 黒岩 2 1 1 0 0 0
(中) 小太刀 2 0 0 2 0 0
打中 鈴木萌 2 0 0 0 0 0
(三) 金子 4 1 0 1 0 0
(投) 小島 2 0 0 1 0 0
代打 中林 1 1 0 0 0 0
代走 宮崎剛 0 0 0 0 0 0
早川 0 0 0 0 0 0
34 8 1 7 0 0
               
【慶 大】
(右) 中村 3 0 0 0 2 0
(中) 渡部 5 0 0 1 0 0
(左) 柳町 4 3 0 0 0 0
(捕) 郡司 2 0 0 0 2 0
(二) 小原 3 2 1 0 1 0
(三) 内田 2 0 1 0 1 0
(一) 嶋田 3 1 1 1 1 0
(遊) 瀬戸西 4 0 0 3 0 0
(投) 髙橋佑 2 0 0 1 1 0
28 6 3 6 8 0

 

【早 大】 球数
小島 7 134 33 6 4 6 3
早川 1 26 5 0 2 2 0
8 160 38 6 6 8 3
               
【慶 大】 球数
髙橋佑 9 129 35 8 7 0 1
9 129 35 8 7 0 1

 

▽本塁打  
▽三塁打 
▽二塁打 金子、柳町、小原
▽三振 早7  慶6
▽四球 早0  慶8
▽犠打 早1  慶2
▽盗塁 早1  慶0
▽失策 早0  慶0
▽併殺 早0  慶0
ページの先頭へ戻る