新着情報

ホーム > 戦評 > 平成30年度秋季リーグ戦 対立教大学三回戦の結果

新着情報

平成30年度秋季リーグ戦 対立教大学三回戦の結果

2018年10月15日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 立教大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 慶應義塾 0 0 0 0 0 0 1 1 x 2

 

投手戦を制し、完封勝利 勝ち点4とする

自力優勝へ望みを繋げる運命の一戦、対立大三回戦。

先発は慶大・髙橋佑、立大・田中誠。
両左腕が隙を見せない好投を見せ、スコアボードに0を並べる。

4回裏、先頭の渡部が中前安打で出塁すると、内野ゴロや死球などで二死満塁と好機を作るも、あと一本が出ず、先制には至らない。

均衡が破れたのは7回裏。一死から小原が左翼手を越える二塁打を放ち好機を作ると、瀬戸西がしぶとく中前へ弾き返し、待望の先取点を奪う。

さらに8回裏には、先頭の中村が中前安打を放ち、暴投などで進塁すると、代打・正木の犠飛で大きな2点目を挙げる。

2点リードで迎えた最終回、ここまで相手に三塁すら踏ませない圧巻の投球を見せてきた髙橋佑が、最後も難なく3人に打ち取り、試合終了。
緊迫した投手戦を2-0で制した。

投げては、髙橋佑が一昨日の初完投に続き、リーグ戦初完封勝利を挙げた。

残る相手は、今春唯一勝ち点を落とし、完全優勝を阻止された宿敵・早稲田。
塾野球部に残された優勝への道は、“早稲田から勝ち点を挙げること”しかない。

早稲田に勝って完全優勝こそ“超越”であり、部員全員で勝利への最高の準備をしていきたい。

(3年・マネージャー H.M)

 

1015立教③7回裏に待望の適時打を放った瀬戸西

7回裏に待望の適時打を放った瀬戸西
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【立 大】
(中) 荒井 4 1 0 1 0 0
(遊) 笠井 3 0 0 0 0 0
代打 三井 1 0 0 1 0 0
(右) 太田英 4 0 0 1 0 0
(左) 種田 4 0 0 0 0 0
(捕) 藤野 3 2 0 0 0 0
(一) 飯迫 3 0 0 0 0 0
(三) 敷名 3 0 0 0 0 0
(二) 伊藤智 2 0 0 2 0 0
代打 田崎 0 0 0 0 1 0
代走 井上 0 0 0 0 0 0
江藤 0 0 0 0 0 0
(投) 田中誠 2 0 0 0 0 1
代打 中嶋 1 0 0 1 0 0
川端健 0 0 0 0 0 0
30 3 0 6 1 1
               
【慶 大】
(右)左 中村 4 1 0 1 0 0
(中) 渡部 3 1 0 0 0 0
(左) 柳町 2 0 0 1 0 0
代打 正木 0 0 1 0 0 0
河合 0 0 0 0 0 0
(捕) 郡司 4 1 0 1 0 0
(三) 内田 3 0 0 0 0 0
(二) 小原 1 1 0 0 2 0
(一) 嶋田 3 0 0 2 0 0
(遊) 瀬戸西 3 1 1 1 0 0
(投) 髙橋佑 3 1 0 0 0 0
26 6 2 6 2 0

 

【立 大】 球数
田中誠 7 108 27 5 6 2 1
川端健 1 13 4 1 0 0 1
8 121 31 6 6 2 2
               
【慶 大】 球数
髙橋佑 9 120 31 3 6 1 0
9 120 31 3 6 1 0

 

▽本塁打 
▽三塁打 
▽二塁打 小原
▽三振 立6  慶6
▽四球 立1  慶2
▽犠打 立0  慶3
▽盗塁 立1  慶1
▽失策 立1  慶0
▽併殺 立2  慶0
ページの先頭へ戻る