新着情報

ホーム > 戦評 > 平成30年度秋季リーグ戦 対東京大学二回戦の結果

新着情報

平成30年度秋季リーグ戦 対東京大学二回戦の結果

2018年09月09日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 慶應義塾 0 0 1 0 0 6 1 0 2 10
 東京大 0 0 1 0 0 3 0 0 0 4

 

大量得点で快勝、開幕カードで勝ち点奪取

連勝で勝ち点を挙げ、好スタートを切りたい、対東大二回戦。

この日マウンドを任されたのは、リーグ戦初登板となる期待の1年生右腕・森田晃。
初回、先頭打者を145㎞のストレート1球で仕留めると、そのまま三者凡退に抑え、完璧な立ち上がりを見せる。

試合が動いたのは3回表、中村の中前安打や瀬戸西の犠打などで二死二塁とすると、小原の右前適時打で先制に成功する。

しかし直後の3回裏、二死三塁からボークをとられ1点を失い、同点に追いつかれる。 

粘投を続ける先発・森田晃を援護したい打線は6回表、先頭の渡部遼が左前安打で出塁すると、柳町の適時二塁打で勝ち越しに成功する。さらに中村・小原も適時打を放つなど、この回7安打6得点、打者一巡の猛攻で相手を突き放す。

その裏、四死球や安打を許し3点を返されるも、7回表に二死一、三塁から瀬戸西の適時打で1点を追加し、9回表には中村が2試合連続となる2点本塁打を放ち、試合を決定づけた。

最終回は、昨日に引き続き登板した髙橋佑が、三ゴロ・見逃し三振・一邪飛ときっちり3人で締め、試合終了。
15安打を放つなど打線が爆発し、10-4で勝利した。

5回1失点の好投でリーグ戦初白星を挙げた森田晃が新戦力として存在感を見せた一方、中継ぎ投手に不安が残る結果となった。リーグ戦三連覇のためには、投手陣の立て直しが急務だろう。

次カードは、強敵・明治大学との一戦になる。投打ともにさらに向上させ、必ず勝ち点を奪うことができるよう、部員一同精進していきたい。 

2年・マネージャー I.C

 

リーグ戦初登板で初白星をあげた森田晃
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【慶 大】
(二) 小原 4 2 3 0 2 0
(中) 渡部遼 5 2 0 0 0 0
代打 植田将 1 0 0 0 0 0
髙橋佑 0 0 0 0 0 0
(左)中 柳町 5 1 1 1 0 0
(捕) 郡司 5 1 0 0 0 0
(三) 内田 4 2 0 0 1 0
(一) 橋本昂 2 1 1 0 1 0
代走 河合 0 0 0 0 0 0
嶋田 1 0 0 0 1 0
(右) 中村 4 3 4 0 1 1
(遊) 瀬戸西 2 2 1 0 0 0
(投) 森田晃 2 0 0 0 0 0
代打 植田清 1 0 0 0 0 0
津留﨑 0 0 0 0 0 0
太田 0 0 0 0 0 0
代打 正木 1 0 0 0 0 0
石井 0 0 0 0 0 0
代打 長谷川晴 1 1 0 0 0 0
走左 大西駿 0 0 0 0 0 0
38 15 10 1 6 1
               
【東 大】
(遊) 笠原 3 1 0 0 1 0
(二) 新堀 4 1 0 3 0 0
(中) 辻居 4 1 1 0 0 0
(捕) 三鍋 3 0 0 1 1 0
(左) 3 0 0 1 1 0
(一) 青山 4 1 2 0 0 0
(三) 山下朋 3 1 0 0 1 0
(右) 宇佐美舜 2 1 0 0 0 0
小林大 0 0 0 0 0 0
代打 加見 1 0 0 1 0 0
(投) 有坂 1 0 0 0 0 0
奥野 0 0 0 0 0 0
宮本 0 0 0 0 0 0
梅山 2 1 0 0 0 0
30 7 3 6 4 0

 

【慶 大】 球数
森田晃 5 69 18 3 4 0 1
津留﨑 0 2/3 13 5 2 0 2 3
太田 0 1/3 10 3 1 0 1 0
石井 2 35 7 1 1 1 0
髙橋佑 1 11 3 0 1 0 0
9 138 36 7 6 4 4
               
【東 大】 球数
有坂 5 0/3 77 21 5 1 2 3
奥野 0 0/3 9 3 2 0 1 3
宮本 1 2/3 41 11 4 0 2 2
小林大 2 1/3 33 12 4 0 1 2
9 160 47 15 1 6 10

 

▽本塁打 中村
▽三塁打 
▽二塁打 柳町、小原、新堀、青山
▽三振 慶1  東6
▽四球 慶6  東4
▽犠打 慶3  東2
▽盗塁 慶0  東1
▽失策 慶1  東0
▽併殺 慶1  東1

 

ページの先頭へ戻る