新着情報

ホーム > 戦評 > 平成30年度秋季リーグ戦 対東京大学一回戦の結果

新着情報

平成30年度秋季リーグ戦 対東京大学一回戦の結果

2018年09月08日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 東京大 3 0 0 0 0 0 0 1 0 4
 慶應義塾 0 2 4 0 0 0 0 0 x 6

 

逆転勝利で開幕戦を白星で飾る

三連覇の期待がかかる中、迎えた秋季リーグ戦・対東大一回戦。

先発を任されたのは、昨年から投手陣の主軸を担う髙橋亮。

1回表、先頭に安打を許し、四球などで二死一、二塁とされると、3点本塁打を浴び、先制を許してしまう。

反撃したい打線は、2回裏、先頭の嶋田が二塁打を放ち、四球や犠打などで二死二、三塁の好機を作ると、正木が右前へ適時打を放ち、2点を返す。

2回以降髙橋亮が安定した投球を見せ、スコアボードに0を並べる。

3回裏には、内田が死球で出塁すると、すかさず盗塁を決め、さらに小原の犠打で一死三塁とする。続く嶋田と髙橋亮の適時打で2点を追加し、逆転に成功する。

なおも、二死一塁から、中村が放った打球は秋風に乗り、バックスクリーン右横へ。
中村のリーグ戦初となる本塁打は値千金の一打となった。

追いかける展開が続いたが、この回一挙4点を返し、試合の流れを取り戻した。

投げては、7回から代わった髙橋佑が3イニングを1失点で抑え、6-4で勝利した。

明日も確実に勝利を収め、開幕カードで勝ち点を獲得できるよう部員一丸となって戦いたい。

 (3年・マネージャー G.R)

 

リーグ戦初本塁打を放った中村
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【東 大】
(遊) 笠原 4 2 0 1 0 0
(二) 新堀 4 0 0 1 0 0
(中) 辻居 3 1 0 0 1 0
(捕) 三鍋 4 0 0 2 0 0
(左) 3 2 4 0 1 0
(一) 青山 3 0 0 2 1 0
奥野 0 0 0 0 0 0
(三) 山下朋 4 0 0 2 0 0
(投) 小林大 1 1 0 0 0 0
宮本 1 0 0 0 0 0
有坂 1 0 0 1 0 0
岩田 0 0 0 0 0 0
代打 平田 1 0 0 0 0 0
(右) 宇佐美舜 3 1 0 0 0 0
代打 井上 1 0 0 1 0 0
33 7 4 10 3 0
               
【慶 大】
(右) 河合 2 0 0 0 0 0
中村 2 1 2 0 1 0
(左) 正木 3 1 2 0 0 0
渡部遼 1 0 0 0 1 0
(中)左 柳町 4 2 0 1 1 0
(捕) 郡司 3 0 0 0 2 0
(三) 内田 2 0 0 0 3 1
(二) 小原 3 0 0 0 1 0
(一) 嶋田 4 2 1 0 0 0
打一 梁瀬 1 0 0 0 0 0
(遊) 瀬戸西 2 1 0 0 2 0
(投) 髙橋亮 2 1 1 1 0 0
髙橋佑 0 0 0 0 0 0
29 8 6 2 11 1

 

【東 大】 球数
小林大 2 2/3 69 19 7 0 4 6
宮本 3 50 14 1 1 4 0
有坂 1 1/3 25 7 0 1 3 0
奥野 1 12 3 0 0 0 0
8 156 43 8 2 11 6
               
【慶 大】 球数
髙橋亮 6 105 25 5 5 3 3
髙橋佑 3 38 11 2 5 0 1
9 143 36 7 10 3 4

 

▽本塁打 岡、中村
▽三塁打 
▽二塁打 岡、嶋田、瀬戸西
▽三振 東10  慶2
▽四球 東3  慶11
▽犠打 東0  慶3
▽盗塁 東2  慶2
▽失策 東0  慶1
▽併殺 東0  慶1

 

ページの先頭へ戻る