新着情報

ホーム > 戦評 > 平成30年度フレッシュリーグ 対立教大学戦の結果

新着情報

平成30年度フレッシュリーグ 対立教大学戦の結果

2018年06月05日

  1 2 3 4 5 6 7
 慶應義塾 0 0 0 0 1 0 0 1
 立教大 3 0 1 2 3 0 x 9

 ※連盟規定により7回コールド

 

フレッシュリーグ、今季最下位に終わる

フレッシュリーグ最終戦を勝ち星で飾りたい、フレッシュリーグ対立大戦。

初回、安打や四球などで一死一、二塁とされると、3点本塁打を放たれ、先制を許す。

追いつきたい打線は、3回表、先頭の矢澤が中前安打を放ち、盗塁で好機を広げるも、後続が中飛・空振り三振・二ゴロに打ち取られ、得点には至らない。

得点を挙げたい4回表、一死一塁から大串と鶴岡の連打で満塁とするも、後続が空振り三振と三ゴロに抑えられ、無得点に終わる。

4回裏、2本の中前安打や暴投などで二死二、三塁の窮地を迎えると、適時二塁打でさらに2点を奪われる。

終盤に入り反撃したい打線は、5回表、先頭・角谷の左前安打、橋本典と福井の連続四球で無死満塁の好機を作ると、若林の併殺打の間に1点を返す。

さらに3点を追加され迎えた7回表、一死から角谷が中前安打を放つも、後が併殺打に打ち取られ、試合終了。規定により、1-9で悔しいコールド負けを喫した。

塾野球部は平成30年度フレッシュリーグにおいて6位という結果に終わった。

来季はリーグ戦・新人戦共に優勝を果たせるよう、部員一丸となって練習に励んでいきたい。

(2年・マネージャー Y.A)

 

 

5回表、無死一、三塁から併殺打の間に1点を挙げた若林
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【慶 大】
(中) 橋本典 3 0 0 2 1 0
(三) 福井 2 0 0 0 1 0
(右) 若林 2 0 0 0 1 0
(捕) 植田響 2 0 0 0 1 0
(左) 大串 3 1 0 1 0 0
(一) 鶴岡 3 1 0 1 0 0
(指) 藤元 3 0 0 2 0 0
(二) 矢澤 2 1 0 0 0 0
保科 1 0 0 1 0 0
(遊) 角谷 3 2 0 0 0 0
24 5 0 7 4 0
               
【立 大】
(中) 金川 3 2 2 0 1 0
(二) 田中夢 2 0 0 0 1 0
打遊 小澤 1 0 0 0 0 0
(右) 太田英 4 3 0 1 0 0
(一) 4 3 4 0 0 0
(指) 中嶋 2 0 0 0 1 0
打指 石井 0 0 0 0 1 0
(三) 林中 2 0 1 0 1 0
打三 敷名 0 0 0 0 1 0
(左) 廣田龍 2 1 1 1 1 0
小野翔 1 0 0 0 0 0
秋葉 0 0 0 0 0 0
(遊) 寺嶋 2 0 0 1 0 0
打二 冨永 1 0 1 0 0 0
(捕) 竹葉 3 1 0 1 0 0
27 10 9 4 7 0

 

【慶 大】 球数
木澤 4 62 20 8 3 1 6
杉原 0 0/3 14 3 2 0 1 3
丸谷 2 46 11 0 1 5 0
6 122 34 10 4 7 9
               
【立 大】 球数
根岸 4 0/3 68 19 4 5 3 1
廣田祥 1 11 3 0 0 1 0
川満 1 18 3 0 1 0 0
1 16 3 1 1 0 0
7 113 28 5 7 4 1

 

▽本塁打 東
▽三塁打 
▽二塁打 太田英、東、金川
▽三振 慶7  立4
▽四球 慶4  立7
▽犠打 慶0  立0
▽盗塁 慶1  立0
▽失策 慶0  立0
▽併殺 慶0  立1

 

 

ページの先頭へ戻る