新着情報

ホーム > 戦評 > 平成30年度フレッシュリーグ 対東京大学戦の結果

新着情報

平成30年度フレッシュリーグ 対東京大学戦の結果

2018年06月02日

  1 2 3 4 5 6
 東京大 3 2 2 0 0 0 7
 慶應義塾 0 0 1 0 2 2 5

 ※連盟規定により6回打ち切り

 

大量失点で初白星ならず

確実に勝利し、慶早戦に良い流れを持ち込みたい、フレッシュリーグ対東大戦。

先発を任されたのは、今季フレッシュリーグで好投を見せている杉原。しかし初回、2本の適時打で3点を先制されると、継投した投手も相手打線の勢いを止められず、3回までに計7点を奪われる。

追いつきたい打線は3回裏、一死満塁から角谷の犠飛で1点を返すと、5回裏にも、四死球と植田響の左前安打などで一死満塁の好機を作り、押し出し四球と犠飛で2点を返す。

3回表途中から継投した関谷が無失点で踏ん張り、4点差のまま迎えた6回裏。先頭の小野弘が死球で出塁すると、谷口・若林の連続適時二塁打で2点差とする。

さらに角谷の死球で二死一、二塁と好機を広げるも、続く打者が空振り三振に切って取られ、試合終了。

昨春のフレッシュリーグで唯一白星を挙げた東大相手に、悔しい敗戦となった。

2年・マネージャー I.C

 

 

最終回に中前への適時二塁打を放った谷口
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【東 大】
(右) 伊津野 2 1 1 0 1 0
(中) 宇佐美尭 2 1 0 1 1 0
(二) 笠原 2 1 0 0 2 0
(指) 井上 3 0 1 1 0 0
(三) 石元 4 2 4 1 0 0
(一) 川出 4 1 1 1 0 0
(左) 武隈 3 2 0 0 0 0
(遊) 有賀 2 0 0 2 0 0
(捕) 加見 2 1 0 1 1 0
24 9 7 7 5 0
               
【慶 大】
(中) 松田 2 0 0 0 1 0
代打 大串 1 0 0 0 0 0
(三) 谷口 3 1 1 0 1 0
(右)左 若林 3 2 1 0 1 0
(捕) 植田響 3 1 0 1 1 1
(遊) 角谷 0 0 2 0 3 0
(一) 長門 3 1 1 1 0 0
(指) 多田 0 0 0 0 2 0
打指 舩戸 1 0 0 0 0 0
(左) 田中陽 1 0 0 1 0 0
2 0 0 2 0 0
(二) 水上 1 0 0 1 0 0
代打 山本賢 1 0 0 1 0 0
小野弘 0 0 0 0 1 0
21 5 5 7 10 1

 

【東 大】 球数
濵﨑 5 111 26 3 5 8 3
奥野 1 25 7 2 2 2 2
6 136 33 5 7 10 5
               
【慶 大】 球数
杉原 1 1/3 42 11 4 1 3 5
井上怜 1 31 8 4 2 1 1
関谷 3 2/3 42 14 1 4 1 0
6 115 33 9 7 5 6

 

▽本塁打 
▽三塁打 
▽二塁打 谷口、若林
▽三振 東7  慶7
▽四球 東5  慶10
▽犠打 東3  慶2
▽盗塁 東2  慶4
▽失策 東0  慶1
▽併殺 東0  慶0

 

ページの先頭へ戻る